[Edit]

当ブログについて

本日は当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログは、管理人のかいなんが、日々の生活で感じたことや、
趣味、興味のある事などを、自分なりにまったりと書いていくブログです。
そんなんですので、ご覧になってくださる方々もどうぞまったりとご覧ください。

※ここに掲載されている情報は全て正しいとは限りませんのでご注意下さい。
※また、当ページに記載されておりますプラレールの改造は自己責任で行っております。
  改造の際は、あくまでも自己責任でお願いします。

※メーカーはプラレールの改造を推奨しておりません。
また、改造をするとメーカーからの補償を受けられなくなります。
何度も言いますが、改造をされる際は自己責任にてお願いいたします。


プラレール®は株式会社タカラトミーの登録商標です。

『自由気ままに奔放に。』それが私の合言葉です。

学生プラレール同好会
学生プラレール同好会参加中
こちらから同好会のトップページに移動できます。

ハジケレポート!
関西の若手プラレーラーが共同で運営するブログができました。
是非こちらもご覧ください。

管理人のTwitterはこちら
主に鉄道やプラレール、模型やゲームの事をつぶやいています。

485系の写真館
かつて一部を除く全国各地を走り回った485系列。その走行区間の多さは日本最多でした。
そのなかで、私が今まで出会ってきた大好きな485系列をまとめているページです。

プラレールの改造車両のページ
私が改造したプラレール車両を紹介してます。ゆっくりはやいです。
17/01/07 内容更新

~気分変わりなトップフォト~ と私の一言

四国18

いざ、絶景の国へ。 
16/7/3:大崎山園地 第2展望台にて撮影

注意事項 ※必ずお読みください
リンクへの申請等について
当ブログは、無断リンクを禁止しております。
相互リンクは随時受付ておりますが、当方が申請リンク先を観覧した際、内容に
不適切と思われる文章・画像などが含まれている場合、お断りさせて頂きます。

コメント等について
どなた様からのコメントも歓迎いたしておりますが、荒らし行為、又は、
荒らし行動を助長する表現が含まれるコメント、明らかにネットのマナーを
守れていないコメント等は、無断で削除させて頂く場合があります。

管理人への連絡はTwitterまたはコメントでお願いします。
メールアドレス等の個人情報などを送る場合、コメントフォームの
「管理者にだけ表示を許可する」の項目ににチェックを入れてください。

以上のことを理解された方は、ごゆっくりご観覧ください。


当記事は、必ず一番上に来るようにしているため、
投稿日時がえらい事になっていますが、気にしないでください。

いつもの日記やら改造記はこの記事の下に表示されます。

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ
にほんブログ村

ブログ村へ参加しています。もしよければ、クリックをお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

[Edit]

メガミデバイスで遊ぶ

なんとか月一更新していきますよ。かいなんです。

MD1

メガミデバイスの第2弾、スナイプ/グラップルを発売日に購入しました。
フレームアームズ・ガールとはコンセプトは違いますが、
サイズは一緒なので仲良く遊べます。まぁ同じコトブキヤさんの商品なのでね。

MD2

で、現状スナイプの素体が完成しています。
コンパチなのであとはスナイプの装備品を作るだけで完成です。

ただこの素体すごく出来が良くて、かなり遊べます。
ポーズさせたりしているうちに装備品作る気が無くなったので、
数週間ほどこの状態です(

スナイプを作ろうと思ったのはまぁ私の好みの問題。
メガミデバイス第1弾もスルーして先にこれを購入してますし(笑)

以下、適当にポーズ付けて遊んだ記録。
少しでもメガミデバイスの魅力が伝わればいいなと。

MD3

まぁ、ポーズ付けさせるのは完全に初心者なので
写真の構図とかそういうのには突っ込まないでください。

MD4

顔のパーツは3種類あります。
こちらは照れ(というか困り?)顔。
Twitterの方にもうちょっと成功したポージングの写真あります。
まだ少し成功してるポーズ

ちなみにちゃんとした綺麗な正座もできます。
正座のできるプラモデル

MD5

個人的にお気に入りのポーズです。かわいい。

ちなみに最初からずっと手のパーツが右手はパーで左手がグーなのは
パーツの付け替えが面倒だったから(

MD6

丸まります。ポージングは結構自由自在だと思います。

MD7

同じポーズのまま目線を下に下げました。
見る角度によってかなり彼女の映り方がかなり変わりますね。

寝転がっている場所が工作マットじゃなくて
クッションとかだったらならもうちょっと良かったかな...。

MD8

寝そべり。
頬杖ついて会話している風にカメラも下がっています。

MD9

上から見るとこんな感じです。
足パタパタ。かわいい。

こんな感じで遊んでます。
遊んでばっかじゃなくて、装備も作らねば...。

個人的にドール沼というのがよくわかるプラモデルだと思いました。
楽しいですねぇ...(笑)

気になったら是非作ってみてください。
FA:Gと同じく、かなり遊べるプラモデルです。

[Edit]

東京メトロ10000系 「Fライナー」

いつのまにかあけましておめでとうございますの時期が過ぎてしまいました。
毎日が寒くてさむさむ。

さて、新年一発目の改造(?)作品です。

10105

東京メトロ10000系を買ってきて、せっせと方向幕を作って貼り付け。
5社直通の速達列車、Fライナーにしました。

一応モチーフは10105Fです。
なので方向幕や種別は全部フルカラーLEDのものを作りました。
先頭形状が曲面なので、見る場所によって方向幕とかが不自然になります。

10105-2

側面の方向幕にもデカール貼ってます。

中間車のこちら側は種別と行先表示を、
反対側(最初の画像に写ってるデカール)は
「東急東横線直通 東横線内F特急」を表示してます。

そういえば今売ってる10000系って、側面の黄色帯上下とも再現されてないんですね。
このことに気が付いたのがシール作ってからだったので、少し残念。
気が付いていたらデカールで黄色帯作って貼れたんですが。

まぁそんなこんなで10000系Fライナー暫定的に完成です。
黄色帯はそのうち...。

[Edit]

今年もお世話になりました。

うぅん、早いものでもう12月の31日になってしまいました。

紅白歌合戦とガキ使を同時に見ながら(というか聞き流しながら?)
ブログの記事を書いている途中です。

さて、2016年最後の更新は、27日に山田弘とほくとくんと3人で
神戸の方にちょっと出かけたときの記事です。

27日

神戸駅に着いたのが、予定では11時半だったのがかなり遅れて13時。
ロータリーで山田弘を拾ってさっそくお昼ご飯に向かいました。

写真はお昼ご飯のつけ麺です。山田弘おすすめのお店らしい。
おいしかったです。近くに回転したらしょっちゅう通いそう。

27日

お昼ご飯食べたら車移動です。
近くに川崎重工の工場があるのでせっかくならと、0系と151系を見に行きました。

ちなみに山田弘にナビを任せて言うとおりに運転したら、
川崎重工の神戸工場に連れていかされました。

0系と151系があるのは兵庫工場ですので皆さまお間違いなく...。

27日

車を神戸ポートタワーの近くの駐車場に止め、近付いていきます。
実は近くまで来るのは初めてだったりします。

27日

ということで、神戸ポートタワーを素通りしてカワサキワールドへ。

川崎重工の歴史や展示品などを見たりしましたが、ボートレースの
筐体ゲームで遊んでいる山田弘を見ているのが一番楽しかったです。

27日

で、ここにしか展示されてないらしいウエストひかり。
運転席とか客席に入ることができます。

てな感じでカワサキワールドを堪能した3人は、車で混雑する阪神高速を走って
難波周辺のサイゼで晩御飯を食べながら談笑し、それぞれ帰路につきました。

今年最後のミニ観光です。

さて、2016年の記事更新はこれで最後になります。
それと、この際なのでカテゴリの方を少し整理しました。

「戦車模型」および「艦船模型」は「模型」カテゴリに統一し、
しばらく更新してないプラレール改造のカテゴリはすべて「プラレール」に統一しました。

記事をカテゴリですぐ発見できなくなりますが、ご了承ください。
改造車両ページからの記載は消していないので、ブログ内検索との併用をお願いします。

そんなこんなで、来年2017年もよろしくお願いしますね。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

[Edit]

寒くなってきました

どもども、久々に1か月以上ブログを放置しました。

この放置してる間にやってたことをば

CIMG1191_mini.jpg

一生懸命こんなものを作ってました。

レーティッシュ鉄道の、ベルニナ急行という列車の、客車をけん引する電車だそうです。
実車は電車なので、もちろん乗客が乗ることもできます。

正直なところ、あんまり詳しくは知らないので解説なんかはできませんが、
とりあえず今こんな状態にまで進みました。

おおよその予測でプラ板を切りだしたりしたので、顔が予想よりも縦長になってしまって、
あんまりそれっぽくないと気がついてやる気を失い、3週間ほど放置してます...。

CIMG1189_mini.jpg

E233系を種車にしてこんな感じで側面を入れ替えてます。
この辺まではやる気がめっちゃありました。

とってもやる気がなくなっているので、客車まで手が回りそうにないです。
おとなしく583系進める方がよかったかも?

[Edit]

583系を長くしたい

9月も半ばすぎて、大学の後期が始まってしまいました。
頑張ります。

大学が始まってもモチベーションは高くて、プラレ改造が進みます。
最近は記事タイトルの通り、583系の長編成化を目指して改造中。

そのためにも、雅さんのブログをちょくちょく見に行くことが多くなりました。
(セントラルステーション自体のページはなくなりましたが、ブログは残ってます)

旧客かぁ。旧客なぁ。
と思いながら旧客と583系とにらめっこ。

ようやく種車の悩みも解消していざ刃を入れました。

583系 1

昭島で行われたプラレールスクエアに参加させてもらったとき、
雅さんが偶然にも状態の悪いプラレールの日限定の583系を持ってきていたので
それを譲ってもらい、手元にあったきたぐにの先頭後尾を含めて改造開始です。

両端を先頭車にすれば、クハネ+モハネ+モハネ+サロネ+クハネの
5両編成ができるので、後尾車2両を中間車に改造することにしました。

583系 2

とりあえず1枚目の写真の切断方法で
中間車サイズにできることが分かったので、この方法で生産していきます。

モハネ583とサロネ581の外見上の再現できる違いは乗務員室の有無ですが、
窓埋めなんかはまだやってないので今は後回し。

583系 3

とりあえず、行方不明になると大問題なのでプラ板で帯モールドの
足りない部分を作り、接着しました。

帯モールドは0.3ミリプラ板を2枚重ねて0.6ミリにすると丁度いい感じです。

583系 6

で、中間車を作ってTwitterにアップしたらまさかまさかの援軍が。
狂夜さんから後尾車と中間車を1両ずつ貸し付けてもらいました。

貸付なのでそのうちどこかで後尾車と中間車を見つけて
返品しないといけませんが、これでモハユニットがもう1つ作れることになり、
怪しげな中間車が3両、正規の中間車2両で7連が組めることに。

さらにさらに写真の一番奥の怪しい車両ですが...。

583系 4

旧金型の485系からサロ581を製作中。
ほくとハウス改造会でいい感じに進みました。
(改造会の詳細は『ハジケレポート!』にほくと君がまとめてくださってます)

中間車がたりないのでこんな風に増備しましたが、実車は寝台車じゃないので
小窓のモールドが元々ない485系からでも十分作れそうです。

ただし、旧金型の似たもの同士と言えど、
帯モールドや窓の大きさに若干の差異がありました。

なので、帯モールドを全部削って窓の下辺を1ミリほど上に移動、
なおかつサロ581はモハネ583と比べて窓の上辺の高さが少し高いので
上に2ミリ拡大し、2ミリプラ棒で窓割りを変更しました。

窓割り変更後に0.3ミリプラ板を帯モールドとして2枚重ねに貼り付け。
窓を開けてから貼り付ける関係で、1枚ずつ貼って窓を開けてという感じで進行。

583系 5

ドアモールドは0.3ミリプラ板から製作。
製品とは少し違う感じになりましたが、まぁ気にならない程度です。

それより帯モールドの位置が若干上側になってるのが気になります。
もうどうにもできないけど。

とりあえず583系はいろんな方の協力で8連が組めるように製作中。
あとモハが1ユニットあれば通常時のきたぐにが作れますし、
さらに1ユニット製作すれば繁忙期の12連も夢ではない...のかも。

う~ん、種車集めが課題だ...w


プロフィール

かいなん

Author:かいなん
大阪府の南に住む
普通の大学4回生です。

HNの由来は
地元を走る大手私鉄様から。

メガドライブの周辺機器
Super 32Xやセガサターンと
同い年になります。
小学生の頃よく遊んだ
ゲームハードは
セガサターンと
ドリームキャストという、
セガ好きです。

今はどの会社のゲームも
満遍なくやっています。
そんな感じのゲーム好きです。

地元大好き人間です。
旅行も好きですよ。

村下孝蔵さんのファン。

好きな言葉は
自由気ままに奔放に。

相互リンクは大歓迎です。
コメントにてご連絡下さい。
なお、無断リンクは
禁止とさせて頂きます。

掲載している画像の著作権は
製作者様に帰属します。

※おことわり
ここに掲載されている文章・
写真の無断転載を禁止します。

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ
にほんブログ村

カウンター

最新記事

ブログパーツ

  夜々時計        当駅は終点新大阪駅です。

ありがとう0系新幹線 ブログパーツ

天気予報

各都市の天気


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード