本日は当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログは、管理人のかいなんが、日々の生活で感じたことや、
趣味、興味のある事などを、自分なりにまったりと書いていくブログです。
そんなんですので、ご覧になってくださる方々もどうぞまったりとご覧ください。

※ここに掲載されている情報は全て正しいとは限りませんのでご注意下さい。
※当ページに記載されておりますプラレールの改造は自己責任で行っております。
  改造の際は、あくまでも自己責任でお願いします。

※メーカーはプラレールの改造を推奨しておりません。
また、改造をするとメーカーからの補償を受けられなくなります。
何度も言いますが、改造をされる際は自己責任にてお願いいたします。


プラレール®は株式会社タカラトミーの登録商標です。

『自由気ままに奔放に。』それが私の合言葉です。

学生プラレール同好会
学生プラレール同好会参加中
こちらから同好会のトップページに移動できます。

ハジケレポート!
関西の若手プラレーラーが共同で運営するブログができました。
是非こちらもご覧ください。

管理人のTwitterはこちら
主に鉄道やプラレール、模型やゲームの事をつぶやいています。

485系の写真館
かつて一部を除く全国各地を走り回った485系列。その走行区間の多さは日本最多でした。
そのなかで、私が今まで出会ってきた大好きな485系列をまとめているページです。

プラレールの改造車両のページ
私が改造したプラレール車両を紹介してます。ゆっくりはやいです。
17/01/07 内容更新

~気分変わりなトップフォト~ と私の一言

四国18

いざ、絶景の国へ。 
16/7/3:大崎山園地 第2展望台にて撮影

注意事項 ※必ずお読みください
リンクへの申請等について
当ブログは、無断リンクを禁止しております。
相互リンクは随時受付ておりますが、当方が申請リンク先を観覧した際、内容に
不適切と思われる文章・画像などが含まれている場合、お断りさせて頂きます。

コメント等について
どなた様からのコメントも歓迎いたしておりますが、荒らし行為、又は、
荒らし行動を助長する表現が含まれるコメント、明らかにネットのマナーを
守れていないコメント等は、無断で削除させて頂く場合があります。

管理人への連絡はTwitterまたはコメントでお願いします。
メールアドレス等の個人情報などを送る場合、コメントフォームの
「管理者にだけ表示を許可する」の項目ににチェックを入れてください。

以上のことを理解された方は、ごゆっくりご観覧ください。


当記事は、必ず一番上に来るようにしているため、
投稿日時がえらい事になっていますが、気にしないでください。

いつもの日記やら改造記はこの記事の下に表示されます。

にほんブログ村 鉄道ブログ プラレールへ
にほんブログ村

ブログ村へ参加しています。もしよければ、クリックをお願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト

前の更新からあんまり立ってないですが、更新します。
というのも、南海のおでこができたので早く公開したかっただけです(笑)

南海6000系

というわけで、水曜日に6時間ぐらい南海6000系を進めてました。
前回からの進展は、おでこ部分の造形を行ったのと、ライト台座の取り付け、
前面コルゲート貼り付け、尾灯兼列車識別灯の取り付けぐらいです。

コルゲート貼りは伊予鉄3000系以来の作業でした(前面だけだけど)
本当はもう少し薄いものが売ってればいいんですが、
この厚みのものが最薄なので妥協点です。

南海6000系

この角度から見るのがお気に入り(笑)
今回の進展ヶ所であるヘッドライト周りの造形がよくわかると思います。

ヘッドライト自体も少しこだわってます。
実車のライトを見ながら、レンズの枠部分とレンズ部分の段差を表現するため、
コトブキヤさんのリベットと丸モールドを使って作ってみました。

その他の点では、ヘッドライト台座の縁取りがうまくいって良かったかなと。

南海6000系

おでこの造形ですが、こんな感じです。

ライト台座の上端と屋根の上端が同じになるように調整するのに
割と時間がかかってしまって、難しい。

丸みは割とうまくいっているので、少しうれしい(笑)
ライト周りの丸みもなんとか造形できたので満足です。

南海6000系

側面の加工も少しだけ進めました。

乗務員扉や客室扉上部が南海6000系は丸まっているので、
それを再現しようとナイフと紙やすりで形状を変更。

ドアそのものの加工をしてないので未だ6300系状態(笑)
窓割り変更もまだなので、ちょっとすぐには2両目に移れなさそうです。

京王6000系

さて、こちらは京王6000系。

前回からあんまり変わってないですが、アンチクライマーを作りなおしました。
また、大きすぎたスカートも一回取り外して上部を数ミリ切って再接着。

穴の形状ももう少しメリハリのある形に調節しましたが、
この画像からでは全くわかりません(^^

現状南海よりも京王の方が加工も少ないので、気楽です。
こっちをメインに進めようかな(笑)

また何かよくわかる加工をそれなりに進めたら更新しますね。

ではまた次回の更新まで。

5月になりました。
GWの始まりですが、1日と2日は普通に学校があるので、私は通常の5連休です。

さてさて、予定通り今回はプラレールの記事です。
表題の通り、6000系を作っているんですが、
いまのところ2つの会社の6000系を作っています。

京王6000系

まず1つ目は京王6000系です。
一度もブログにアップしたことはないみたいですが、かなり前に密造。

側面がパテで埋められているところとかで、
改造を開始したのが数年前というのがよくわかりますね(^^

実は前面自体も元は窓の大きさが小さかったりと、かなり違っていたんですが、
今の分析力でせっせとやり直した結果、貫通幌の枠と
アンチクライマーしか元の面影が残ってなかったりします(笑)

顔のモールドをほぼすべて作り直したことで、かなりいい感じです。
スカートが大き過ぎたのがちょっと失敗したところ。
顔があまりにも似たので舞い上がって作ったらこんな大きさに(^^;;

早いとこ先頭車も作ってあげたいですね。

南海6000系

で、こちらは南海の6000系を作っているところです。
かなり前から作ろう作ろうと置いていたものをようやく作り始めたところ。

割と別の改造車に種車を持っていかれたりしたので、一部買い足してます(笑)

南海6000系

今日学校から帰ってきてから後尾車だけ顔を取り付けましたよ。
窓枠ギリギリのところから側面に向かって曲面を描いているので、
やすりで削るときにはかなり気を使いました。

プラ棒が上に飛び出ているのには特に意味はありません。
切るのが面倒だった(

南海6000系

顔を作るときに描いたライト周りの絵を置いてみて完成時のイメージを...。
なかなかいい感じではないでしょうか。

6000系は東急の新6000系と合わせて3つ目です。
会社別の好きな電車の形式が一致してるってなかなか面白いなと思ったり。
私鉄通勤型はとっても魅力的ですよね。

さて、ここから安定的に作業が進めれるかどうかの戦いの始まりです(笑)
ではまた次回の更新まで。

なんやかんやで新年度が始まりました。

生活が大きく変貌する方も多いと思います。頑張ってください。
私は卒業してまた入学したので全然変わりませんが(

さて、3月29日に鍋谷峠に行ってきました。
ここは国道480号線に指定されていて、狭路、急カーブ、急勾配の続く
所謂酷道と呼ばれる類の道でした。

そんな国道480号線鍋谷峠に、4月1日新たに鍋谷トンネルが開通、合わせて
鍋谷峠をバイパスする新しい道が開通し、そちらも国道指定を受けることに。

トンネル開通前の鍋谷峠を走ったのはもう3年ぐらい前だったなぁと思い、
3月28日にもう一度走っておこうと考え、29日に行ってきました。

480

3月末はかなり寒かったですが、前日は晴れ、
この日は気温も上がり、凍結の心配もなく峠に来れました。

この情報量の多すぎるごちゃごちゃ具合がたまりません。

480

また一つ、酷道を象徴する峠がバイパスされていくことに。
開通で道路事情は改善されていきますから、喜ばしいことです。

480

和歌山県の看板を吊るしている支柱につけられた、
峠地点を表記する木製看板の裏にはR480のおにぎり。

480

和歌山県側に下って、バイパス道との合流地点手前あたり。

この付近はいったん南に下がってから少し北の合流地点に向かうため、
山腹を走るR480のガードレールと、これから進む現道(撮影当時)、
開通前(撮影当時)だったバイパスの鍋谷トンネルを同時に見れます。

これが一番たまらない構図です。

480

開通前のバイパス。
出来たてほやほやの鍋谷トンネル、すごく綺麗です。
周りが白いのでウェディングドレスを着ているかのよう。

新道がウェディングドレスを来た新婦なら、旧道となった撮影時の現道は、まさに
荒々しい容姿ながらも、交差地点ではおしゃれなタキシードを着た新郎そのものです。

その新婦さんは自動車専用トンネルとなっており、
原付・軽車両・人は今まで通り旧道を歩いてくださいといわれます。

なので、旧道となった撮影時の現道も、国道480号線の指定からは外れていないようで。

鍋谷トンネル開通後のR480はまだ走っていないので、そのうち走りに行きたいですが、
トンネルで全部駆け抜けているだけなのですごく退屈してしまいそう(

こんなことがありましたが、これももう2週間以上も前の出来事なのかぁ。
本当はもっと早く書く予定の記事だったんですよ、コレ...(^^;
毎週の生活内容が濃くて4月は退屈しません。

プラレールの改造も、Twitterの方で最近よくアップしています。
来月初めに記事ができるぐらいには改造を進めたいところですね。

ではまた次回の更新まで。

お久しぶりです。
今月もまた月一更新の季節がやってきました。

割と今月は出かけることが多かったかな?

3/5

3月4日と5日に、ツバサエイが来阪したので、暇な関西勢で歓迎しました。
4日は晩御飯を食べただけですが、5日は京都鉄道博物館へ。

ゴハチのためだけに来たような感じが否めない(

3/5

なかなか人がいなくなるタイミングがなかったですが、一瞬の隙を狙って撮影。
485系は200番台とか300番台を残してほしかったかな~なんて。

まぁこれはクハ489-1なので485系は展示されてないんですが(

3/5

京都鉄博を観終わったら、嵯峨野トロッコに乗りました。
地味に初めて乗ったので、景色も新鮮で楽しかったです。

一時有名になったあの踏切も通過しました。

お遍路

3月8日から12日にかけては、第2回四国八十八ヶ所お遍路の旅を。
今回は私、山田弘、ししゃもねこのメンバーに加え、ほくと君を連れていきました。

また、松山ではみきゃんの抱き枕みたいなぬいぐるみが増え、
ほくと君もミニオンのぬいぐるみを持って来たりして、
後から考えるとわけのわからないカオスメンバーとなりました。

お遍路

今回は去年のようなかなりの急ぎ遍路ではなく、少しゆったりとした遍路に。
ここは横浪黒潮ラインの帷子崎展望台です。

グーグルマップでみてて、一回走ってみたかったんですよ。

お遍路

去年とは違い、いろりやさんの前を夕方に
走ることが分かっていたので、うどん食べてきました。

ようやく去年の雪辱を1つはらしたことに。

お遍路

松山に15時半頃に到着し、観光した翌日、しまなみ方面に向かっている写真です。
去年もここは晴れていましたが、運転していたので写真は撮れませんでした。

今回も運転していたのですが、ほくと君に頼んで撮影してもらいました。
人数が増えるとこういうことをお願いできていいですね。

まぁ去年も山田弘にお願いしたら撮ってくれたと思いますが、
初めてみる景色だったのでその発想が出てこなかった(

お遍路

途中、伊予西条の博物館に寄ってきました。
FGTとN-ONEのツーショットです。

お遍路

ほんでまぁ、博物館で遊んでたら大幅に時間をロスし、予定より1時間遅れの行動に。
巡る予定だった寺を放置してホテルに入った後、高松駅の見学に。

お遍路

運よくキハ40と遭遇。

翌日、結局2時間ぐらい予定が遅れて、夕焼けの瀬戸大橋を走って本州に戻るはずが、
既に日没で真っ暗になってたり、やっぱり一部うどん屋が巡れなかったりしたので、
そのうちリベンジしにまた四国行かなくてはいけませんね。

走行会

3月の19日は名阪スポーツランドにお邪魔しました。
この日の出来事はハジケレポート!が詳しいのでそちらでどうぞ。

ちなみに私事ですが、今月18日は大学の卒業式でした。
つい最近入学したばかりのような感じですが、あっという間でした。

来年度からも、趣味ともども頑張ります。

なんとか月一更新していきますよ。かいなんです。

MD1

メガミデバイスの第2弾、スナイプ/グラップルを発売日に購入しました。
フレームアームズ・ガールとはコンセプトは違いますが、
サイズは一緒なので仲良く遊べます。まぁ同じコトブキヤさんの商品なのでね。

MD2

で、現状スナイプの素体が完成しています。
コンパチなのであとはスナイプの装備品を作るだけで完成です。

ただこの素体すごく出来が良くて、かなり遊べます。
ポーズさせたりしているうちに装備品作る気が無くなったので、
数週間ほどこの状態です(

スナイプを作ろうと思ったのはまぁ私の好みの問題。
メガミデバイス第1弾もスルーして先にこれを購入してますし(笑)

以下、適当にポーズ付けて遊んだ記録。
少しでもメガミデバイスの魅力が伝わればいいなと。

MD3

まぁ、ポーズ付けさせるのは完全に初心者なので
写真の構図とかそういうのには突っ込まないでください。

MD4

顔のパーツは3種類あります。
こちらは照れ(というか困り?)顔。
Twitterの方にもうちょっと成功したポージングの写真あります。
まだ少し成功してるポーズ

ちなみにちゃんとした綺麗な正座もできます。
正座のできるプラモデル

MD5

個人的にお気に入りのポーズです。かわいい。

ちなみに最初からずっと手のパーツが右手はパーで左手がグーなのは
パーツの付け替えが面倒だったから(

MD6

丸まります。ポージングは結構自由自在だと思います。

MD7

同じポーズのまま目線を下に下げました。
見る角度によってかなり彼女の映り方がかなり変わりますね。

寝転がっている場所が工作マットじゃなくて
クッションとかだったらならもうちょっと良かったかな...。

MD8

寝そべり。
頬杖ついて会話している風にカメラも下がっています。

MD9

上から見るとこんな感じです。
足パタパタ。かわいい。

こんな感じで遊んでます。
遊んでばっかじゃなくて、装備も作らねば...。

個人的にドール沼というのがよくわかるプラモデルだと思いました。
楽しいですねぇ...(笑)

気になったら是非作ってみてください。
FA:Gと同じく、かなり遊べるプラモデルです。