お久しぶりです。
今月もまた月一更新の季節がやってきました。

割と今月は出かけることが多かったかな?

3/5

3月4日と5日に、ツバサエイが来阪したので、暇な関西勢で歓迎しました。
4日は晩御飯を食べただけですが、5日は京都鉄道博物館へ。

ゴハチのためだけに来たような感じが否めない(

3/5

なかなか人がいなくなるタイミングがなかったですが、一瞬の隙を狙って撮影。
485系は200番台とか300番台を残してほしかったかな~なんて。

まぁこれはクハ489-1なので485系は展示されてないんですが(

3/5

京都鉄博を観終わったら、嵯峨野トロッコに乗りました。
地味に初めて乗ったので、景色も新鮮で楽しかったです。

一時有名になったあの踏切も通過しました。

お遍路

3月8日から12日にかけては、第2回四国八十八ヶ所お遍路の旅を。
今回は私、山田弘、ししゃもねこのメンバーに加え、ほくと君を連れていきました。

また、松山ではみきゃんの抱き枕みたいなぬいぐるみが増え、
ほくと君もミニオンのぬいぐるみを持って来たりして、
後から考えるとわけのわからないカオスメンバーとなりました。

お遍路

今回は去年のようなかなりの急ぎ遍路ではなく、少しゆったりとした遍路に。
ここは横浪黒潮ラインの帷子崎展望台です。

グーグルマップでみてて、一回走ってみたかったんですよ。

お遍路

去年とは違い、いろりやさんの前を夕方に
走ることが分かっていたので、うどん食べてきました。

ようやく去年の雪辱を1つはらしたことに。

お遍路

松山に15時半頃に到着し、観光した翌日、しまなみ方面に向かっている写真です。
去年もここは晴れていましたが、運転していたので写真は撮れませんでした。

今回も運転していたのですが、ほくと君に頼んで撮影してもらいました。
人数が増えるとこういうことをお願いできていいですね。

まぁ去年も山田弘にお願いしたら撮ってくれたと思いますが、
初めてみる景色だったのでその発想が出てこなかった(

お遍路

途中、伊予西条の博物館に寄ってきました。
FGTとN-ONEのツーショットです。

お遍路

ほんでまぁ、博物館で遊んでたら大幅に時間をロスし、予定より1時間遅れの行動に。
巡る予定だった寺を放置してホテルに入った後、高松駅の見学に。

お遍路

運よくキハ40と遭遇。

翌日、結局2時間ぐらい予定が遅れて、夕焼けの瀬戸大橋を走って本州に戻るはずが、
既に日没で真っ暗になってたり、やっぱり一部うどん屋が巡れなかったりしたので、
そのうちリベンジしにまた四国行かなくてはいけませんね。

走行会

3月の19日は名阪スポーツランドにお邪魔しました。
この日の出来事はハジケレポート!が詳しいのでそちらでどうぞ。

ちなみに私事ですが、今月18日は大学の卒業式でした。
つい最近入学したばかりのような感じですが、あっという間でした。

来年度からも、趣味ともども頑張ります。
スポンサーサイト

うぅん、早いものでもう12月の31日になってしまいました。

紅白歌合戦とガキ使を同時に見ながら(というか聞き流しながら?)
ブログの記事を書いている途中です。

さて、2016年最後の更新は、27日に山田弘とほくとくんと3人で
神戸の方にちょっと出かけたときの記事です。

27日

神戸駅に着いたのが、予定では11時半だったのがかなり遅れて13時。
ロータリーで山田弘を拾ってさっそくお昼ご飯に向かいました。

写真はお昼ご飯のつけ麺です。山田弘おすすめのお店らしい。
おいしかったです。近くに回転したらしょっちゅう通いそう。

27日

お昼ご飯食べたら車移動です。
近くに川崎重工の工場があるのでせっかくならと、0系と151系を見に行きました。

ちなみに山田弘にナビを任せて言うとおりに運転したら、
川崎重工の神戸工場に連れていかされました。

0系と151系があるのは兵庫工場ですので皆さまお間違いなく...。

27日

車を神戸ポートタワーの近くの駐車場に止め、近付いていきます。
実は近くまで来るのは初めてだったりします。

27日

ということで、神戸ポートタワーを素通りしてカワサキワールドへ。

川崎重工の歴史や展示品などを見たりしましたが、ボートレースの
筐体ゲームで遊んでいる山田弘を見ているのが一番楽しかったです。

27日

で、ここにしか展示されてないらしいウエストひかり。
運転席とか客席に入ることができます。

てな感じでカワサキワールドを堪能した3人は、車で混雑する阪神高速を走って
難波周辺のサイゼで晩御飯を食べながら談笑し、それぞれ帰路につきました。

今年最後のミニ観光です。

さて、2016年の記事更新はこれで最後になります。
それと、この際なのでカテゴリの方を少し整理しました。

「戦車模型」および「艦船模型」は「模型」カテゴリに統一し、
しばらく更新してないプラレール改造のカテゴリはすべて「プラレール」に統一しました。

記事をカテゴリですぐ発見できなくなりますが、ご了承ください。
改造車両ページからの記載は消していないので、ブログ内検索との併用をお願いします。

そんなこんなで、来年2017年もよろしくお願いしますね。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

どうも。

最近いろんなところに行き過ぎて楽しく休日を過ごしています。
週に5回ぐらいのペースで関西勢の誰かと会ってますし。

でもだいたい出かけるときはカメラを忘れてしまうので、記録がないです(
近況なりお出かけの道のりは、全部Twitterで
見れますんで、わざわざ記録する必要もないかなと。

でも記録しないと、ブログの方がおろそかになってしまいますからね。
ときたまカメラをもってお出かけするようにはしています。

さてさて、7月の3日に山田弘(ひろし)さんとほくとさんと俺の3人で四国行ってきました。
「また四国行ってきたのか」とかいう突っ込みはいつでもお待ちしています。
ちなみに、ししゃもねこも連れて行きました。一緒に四国を巡った大切な仲間ですからね。

というか、この四国行きも出発3日前ぐらいに急に暇な人を見つけて突発的に
行こうってなったので、なかなか行動力ありすぎておもしろい。

前回の四国は四国八十八ヶ所をお遍路するのが目的でしたが、
今回の目的は前回あまり達成できなかったことをやるぞということで...。

四国1

うどん食いに来た!

とりあえずほくと君を家まで迎えに行って、山田弘を淡路SAで拾い、
一気にここまで駆け抜けてきました。11時ぐらいに到着したので、なかなかいい時間。

四国2

山下さんのおうどん。
とてもおいしいです。天ぷらもとてもおいしいです。
四国に行ってうどんを食べることで、おいしいしか言えなくなりました。

いや、でもほんとおいしかった。

四国3

食後の運動ということで、金毘羅山に登ることに。
軽い運動どころじゃなく、正直途中でしんどかったから引き返したかった(
山田弘がやる気満々で登っていくので、ほくと君と頑張ってついていくことに。

四国4

いやもう大変です。でも頑張って登ります。
ちなみに最初金毘羅山に登ろうって言ったのは俺です。正直すまんかった(

四国5

途中で大きな門があったので、少し休憩です。
振り返るとよい景色。参道の雰囲気って結構好きです。

四国6

金毘羅宮の方を向いてパシャり。あともう少しです。

四国7

階段を登り終え、金毘羅宮に到着!いやぁ大変でした。

途中から階段を一段登るたびにお遍路の寺の名前を言っていく
遊びをしてましたが、88では全然足らず、ループしまくり。

最終的には「1時」「2時」「親父」とか最後に「じ」が付く言葉ばかりに。

四国8

苦労して登ってきたかいあって、景色がとても良いです。

ちなみに山田弘も途中で嫌になったのか、「あのビルからここに向けて
通路を作ればエレベーターでここまで登れる」とか口走ってました。

景観とここまでの苦労と達成感を台無しにしてくれやがりました。

登るのは大変でしたが、下るのは楽。かなりいいペースで下って、
少し車の中で冷房を付けながら休憩。

四国9

次なる目的地は飯野屋さん。奥の山は飯野山といいます。

四国10

山下さんでは冷たいぶっかけでしたが、飯野屋さんでは温かい肉うどんを注文。
小を頼めばおなかがいっぱいでも食べれます。
大変美味でございました。

四国11

で、お遍路では真っ暗な夜中に行った天皇寺高照院に明るい時間に行き、
移動しようとしたところで、サロンカーなにわが高松めざして走行しているらしく、
近くの道路とのオーバークロスで瀬戸大橋を背景に記念程度に撮影することに。

四国12

空が真っ白になりましたが、まぁ記念程度の撮影なのでいいかなと。

四国13

元々天王寺高照院の後に行くつもりだった白峯寺に、
サロンカーなにわのせいで予定より1時間半遅れて到着。
17時をまわってしまったので、入り口が閉じられてしまっていました。

ここもお遍路の時夜中に来ましたが、あまりにも暗すぎて
何が何だかわからない状態だったので、明るい時間に来れて満足。

四国14

そして次の札所、根香寺。
ここも真っ暗の時間に来たので、明るい時間に来るのは初めて。

お遍路の時は、白峯寺から根香寺までの間で猪と出会ったりしましたが、
今回は動物との出会いはありませんでした。

四国15

五色台スカイラインを走ってみたかったので、綺麗な景色を見ながら
山を下りていきました。写真は途中にあった大崎山園地の展望台から。

瀬戸内海がとてもきれいです。夕方に来れてよかった。
ここで今までの予定を壊しやがったサロンカーなにわに初めて感謝。

四国19

なんやかんやあってようやく晩御飯です。
お遍路の時も立ち寄った山田家さん。

ラストオーダー数十分前に到着というギリギリ。
前回は当日最初のお客でしたが、今回は当日最後のお客に。

四国20

前回と同じ場所に座って楽しく晩御飯。
この日の晩御飯は1日の振り返りとかいろいろやってとても楽しかったですね。

食べ終わったらあとは帰るだけ。
山田弘は淡路SAからバスと電車で帰宅するとのことだったので、
淡路SAからはほくと君と103系の改造の話をしながら家まで送り、
帰宅しました。

2日は前回記事の場所へ、3日は四国へと、運転してばっかりの休日でした。
なかなか充実してて楽しかったですね。

今度来るときは、まだ行けてないところや、食べれてないうどん屋さんが
あるので、そこを重点的に訪問したいところです。


ほくと君のブログではこんな感じ→ほくとのたまにブログ

皆さんお久しぶりです。
頑張って月一更新していたこのブログも、去年の11月に途絶えてしまい、
ついには2か月以上更新をストップしてしまいました。

このストップの間に何かあったのかというと、特に何もなくて(

改造も何も進んでいませんし、まぁ何も無かったです。

さて、今月の2日に奈良の方に見たいものがあったので、ドライブがてら行ってきました。

奈良1

景色が良いので、車から降りず停車して車内から撮影。

ここは針テラスから国道369号線を北上し、
奈良県道246号線へ折れ、奈良県道25号線にぶつかるところ。

お目当ての場所はR369を北進すれば着くんですが、ただ北進するだけだと
面白くもないし、こちらからの方が帰りにUターンもしなくて楽なので、あえて遠回り。

奈良2

奈良r25は川沿いの道で、農村の風景から谷の景色まで
ころころと車窓が移り変わります。

ここはさっきの分岐を左に折れてちょっとしたところ。
入道雲がなくて、「いかにも夏空」って感じがでませんが、これも良いと思います。

景色が綺麗なところを走ると、自然と気持ちよくなりますよね。
こんなときオープンカーが欲しいなぁと感じます。
まぁ実際には直射日光で暑くて洒落にならないそうですが。

奈良3

こんな良い風景に堂々とそびえたつヘキサ、とてもおしゃれに感じます。
本当は車から出て外で撮影したかったんですが、車外は暑くて...

今思えば、暑くても外で撮影すればよかったなと後悔。
結局目的地では車から降りますしね。

奈良4

奈良r25を北上中に旧道との分岐を発見。
記念碑まで置かれているのは、新道の開通が近隣の方々に
切望されていたからのように思えます。

旧道は地図でもまだ表記されていますが、地形に沿ったとても狭い道。
現道は2本の橋を架けて旧道をショートカットするような形です。

記念碑の「地の利は人の和に如かず」という文からも、
一度は負けたものの、遂には地形に打ち勝った人間達の努力が伺えます。

平成7年に完成したのか、日付が書いてありますね。
もしこの通りの日付に完成なんだったら、俺よりも年下の道なのか。

なお、こんなことを言っては申し訳ないんですが、奈良r25は交通量全然ないです。
時間帯が微妙だったからなのかはわかりませんが、
すぐ隣にここよりまっすぐで見通しも良くて走りやすいR369がありますしね。

話がそれた。

奈良5

で、山添村内に存在する唯一の信号交差点で奈良県道80号線に入り、
R369に向けて走行していき、こんなところに。目的地はここです。
r80とR369の旧道が交わる交差点。

奈良6

しばらく前に、Twitterで情報を仕入れ、行ってみたいと思ってました。
新旧3世代の案内標識が一堂に会する場所です。

一番手前の白看が昭和25年3月の改正に準じて作られた案内標識、
その奥の2枚が昭和46年11月の改正に準じて作られた案内標識、
一番奥が、昭和61年11月の改正に準じた現在の案内標識。

こんな標識の歴史は、全部国土交通省のHP内の、
わが国の道路標識の歴史」というページに載っています。
興味が沸いたら是非見てください。

ちなみに、真ん中2枚のうち左側、一番奥の青看は奈良r80に対しての看板、
白看と真ん中2枚のうちの右側は旧R369に対しての案内標識です。

一番新しいやつはR369の旧道と合流した後の地点(というか合流地点?)に
立っているので、旧道のR369が描かれていないようです。

奈良7

ちなみに、白看ですが我が街河内長野でも見ることができます。
一応現役な国道で今でも頑張って道案内してくれる現役看板です。

というか、関係ないですけど少し前まで国道310号線のおにぎりは
ここじゃなくて、後ろ側にあった道路照明の支柱についてたんですが。

方向が90度変わって横向いてたり、元々ここに付いてた国道170号線の
おにぎりも傷だらけになったりしてて、最近七つ辻の交差点を整備したときに
新品に取り換えらて、なおかつR310のおにぎりは取り付ける場所も
この白看の支柱、R170の下側の位置に改めたようです。

新品のおにぎりと同居する昭和25年基準の案内標識。
ん~。なかなか特徴的で元気いっぱいな看板になられました。


こんなところです。次の更新予定はうどんです。

3月も終わるころ、30日に暁さん、ほくとさん、ひろしさんと共に
高野山に広がる近畿地方では最大級の森林鉄道である、
高野山森林鉄道の遺構や、線路後を散策してきました。

ここから先、様々な探索においては獣害や転落、および生き埋め等、
生命に危険が及ぶ状況に陥る場合があります。

もし同じような行為をされ様々な危険が及んでも、我々はそのことにつきまして
一切の責任を負いかねます。探索はすべて自己責任で行ってください。

また、路線跡などの考察はあくまで個人の趣味によるものであり、
情報収集の結果や、管理人の独自的な見解等も含まれます。
開通から100年以上が経過し、全路線の廃線から50年以上は経っているので、
正確な情報の入手がとても困難である事をご理解くださいませ。

高野山森林鉄道2

まずはこちら...。
続きを読む

DSCF0731_mini.jpg

題名の通り、3月の4日~8日の間で四国八十八ヶ所をお遍路してきました。
旅のお供は、学プラのひろしさんと、明石のSAで行きに買ったししゃもねこさん。

DSCF0750_mini.jpg

時々夜中の暗くて細い山道を走ったり、(画像は日出)

DSCF0764_mini.jpg

うきうき気分で道の駅で車中泊したら、思ってた以上に寒くて
一睡もできなかったけど、2日連続のロングランをこなしたり、

DSCF0775_mini.jpg

実は地方のスーパーで弁当を買うと安いしおなか一杯食べれて経済的だったり、

DSCF0788_mini.jpg

ちゃっかり安くていいお宿に泊まって観光してたり、

DSCF0845_mini.jpg

ロープウェイとかケーブルカーに乗ったり、

DSCF0850-2_mini.jpg

うどん食べたりしました。

とまぁこんな感じに、四国をほぼ海岸沿いに一周する四国八十八ヶ所ですが、
なんとか4日間で終えることができました。

たぶん詳しい内容はひろしさんのブログに書いてくれるはず(

ずっと車移動だったので、1500キロを超える距離を走ったN-ONEは
帰宅した翌々日にオイル交換。(翌日はお店休みだった)

今度はもう少しゆっくりお遍路したいと思います。