またまた放置してしまいました...。

先月から気分の下降傾向が著しく、一人で何かしようとすると
どうしてもやる気が出ません。

学プラ面子で遊びに行ったりするのはすごく楽しい。
けどそんなぐらいしか楽しいことが無いような感じで。

正直なところ、居心地の良い場所があまりありません。
どうしていいかわからなかったので、やる気がなかった先月改造を始めました。

DSCF0611_mini.jpg

みなさんは覚えてらっしゃるでしょうか?
6年ほど間に私が製作を開始し、4年前に完成した作品を。

この作品、初めて公開した改造車両でもあります。
それなりに愛着もあります。

しかし、最近になって皆さんの改造レベルがすごく高くて、運転会などで並べると
かなり見劣りするようになっていました。
てなわけで、新しく車体を作ることで見劣りしないものを作ろうかと。

製作にあたって、制約を少し。
初製作当時の作風を崩さないこと。
これだけです。
なので、後発でこの車体を作成された方の作品とは違い、
側面窓は縦長の長方形で、東海急行台車に載せます。

でも逆に特徴といえる特徴はありません...。

最近の私の車体スクラッチはなぜか縦長になる傾向があったので、
それを直すために側面の高さをまだ正方形だったリメイク元とほぼ同じ高さに。

また、窓の形も最近の作品はガタガタしていて気に入らなかったので、
大体の直線が出るように目視でデザインナイフとやすりで削りました。

DSCF0612_mini.jpg

そんなこんなで、結構しっかりとした直線に削れました。

側面1枚の作成に3時間もかかっており、製作スピードがガタ落ちしてます。
側面外側のプラ板もまだ1枚しかないし、実は写真に写ってる方しか開口できてません。

そんでもってここまでの製作に4日しか費やしてないし、
かつ今月はまだ手を付けてないので、やっぱりやる気が低下気味。

いや、4日は十分に長いのかもしれませんね...。
製作開始当初は穴あけしていると少し気分も晴れましたが...。

あ、この前の日曜日に我が家のN-ONEや学プラメンバーの車、
友人のkeiで静岡の島田まで遊びに行ってきました。
学プラ面子も車を持つ方が増えてちょこちょこと集まろうみたいな感じで。

大阪~島田間往復交代なしでの運転は疲れましたが、すごく楽しかったです。
また集まりたいです。

スポンサーサイト

長年の放置期間を経て、遂に完成!

キハ52

ようやくキハ52が3両全て完成しました!!
実際には去年の段階で2両ほど完成していたんですが、
タラコの方がパーツが取れてしまったりしたので、
2011年12月30日で全ての車両が完成という事にしました。

この3両は、見て分かってもらえると思いますが、
大糸線のキハ52形3両です。

キハ52

実車は、JR線内では現役を退いてしまいましたが、
115番は津山機関庫で保存、125番はいすみ鉄道で国鉄標準色に塗り替えられ、
いまでも現役で走っています。156番は松任工場で保管中(?)です。

キハ52

車体は、プラ板からフルスクラッチ、屋根は165系のものを流用してます。
完成は最近ですが、車体の製作自体は2年ほど前なので、
各車両に車体のゆがみ、窓の大きさにばらつきがあったりします。

といっても、あまり気にならないところではあるんですが(^^;

キハ52

塗装前の姿。
サッシが無かったりしますが、無くてもそれなりなので大丈夫でしょう(

紆余曲折を経て、何とか形になったキハ52。
そのうちリメイク番を製作して、数を増やしていきたいです(^^

2年分のお年玉(前借)が旅行費に消えた鞘凪美影のお送りする改造シリーズ!w
さて、本日は二回目の更新です!

みやび号製作で、おもっきり放置だったこの車両もようやく完成が見えてきました!

完成に近づいたキハ52形気動車

屋根の端部分にパテを盛り、削って大体完成のところまで持ってきました。
手前から、115・156・125です。各車両塗装以外に違いもあります。個性派ですねw
実車は、本日が3両編成での最後の運行だそうです。
赤レンガ車庫も線路が撤去され、何時解体され始めてもおかしくない状況に・・・。
JRおでかけネットの糸魚川地域鉄道部からのお知らせのページも無くなりました。

尾灯には2ミリのコトブキヤのノズル

尾灯にはコトブキヤの2ミリノズルを採用。
3ミリにしようか迷いましたが、小さい方が可愛いかなと思ったのでw
実車は、埋め込み式の尾灯と、出っ張ったタイプがあります。
埋め込み式は再現が難しいので諦めました。

ライト周辺

ライト周りです。2灯式ライトはシールでも作って再現しようかと・・・。
タイフォンは、屋根のパテを削った後、3ミリのピンバイスで穴を開けて取り付けました。

後は、屋根のクーラーと、貫通扉のステップ、塗装だけです!
もうちょっと早く完成させて旅行に持って行きたかったなぁ・・・。

DCF_0203.JPG
↑写真は恐らくこの辺りにあります。

みやび号に着手した後、しばらく放置状態だった(爆)キハに手を加えました。

ご覧のとうり、お顔を作っています。
0.3ミリプラバン(右)と0.5ミリプラバン(左)を組み合わせて
それらしく作っています。

今回のダイヤ改正で引退する事が決った本車輛ですが、
今回の改正も何も撮りに行けないのがすごく惜しいです。
梅小路に出来る交通博物館に3
輛とも保存してもらえると有り難いのですがね…。

カテゴリでネタバレが行われているこの改造記w
それでもタイトルは「キハ○○を作る」で突き通しますw

で、現在の状況はと言うと。

キハ52 試験機

とりあえず一両だけこの形にしました。
雨樋は幅が合わなかったので少し横幅を削ってPカッターで新たに製作。
他の2両がこの形になるまでこいつは放置です。

また、このままでは握った時に「バキッ!」と逝ってしまうので・・・。

キハ52 試験機後ろ

後ろ側の補強が入れえるところにプラ棒を接着しました。

作業進展の予想ですが、他2両がまだ窓抜き作業中なので進まないかとw

?おまけ?

ちょっとF1のゲームでフザケてみました。
デジカメでテレビ画面を撮影しているので画質が悪いし低音質です。



それともう1つ車関連なのですが、
私は1/10サイズのラジコンを持っているのですが、
現在痛車製作をしようと思っています。
で、今いろいろと悩んでいるところなんですよ。
まず痛車製作にする車種なのですが、候補は3つあります。
・R32 GT-R    (私が一番好きな車です)
・R35 GT-R    (唯は俺の嫁!氏が好きな車です)
・S15 シルビア  (私のお気に入り車種の1つです)
そして、痛車に欠かせないキャラクターなのですが・・・。
・八雲 藍         (一番の候補であります!)
・東方キャラ全員     (紅魔郷?風神録の全員を詰め込みます)
・ニコニコオールスター  (絶対やりません!!w)

おそらくはR32、藍の痛車にするでしょうね。
塗装はマッドホワイト、もしかしたら藍の服の青いアレの模様
(名前が分からないです)をマスキングで作るのもいいですねw
まぁボディを買わないと作業が始まらないんですがねw

まぁそんなこんなで、お金が減ると言うのは決定事項ですねw
以上、明日日本橋に行くか151系を買いに行くか迷っている私でしたw

キハはと言うと・・・。
キハ:側面最後の窓開け開始
側面最後の窓開けを開始したところです。

これ何時完成するんでしょう?w