10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

愛車コトコト日記 その2 ショックアブソーバ交換 

どうも。かいなんです。

ひょんなことから自分のもとにやってきたピアッツァ・ネロですが、
入手時点からフロントのサスペンションからコトコトと異音がしていました。

おそらくショックが死んでるのとブッシュ類のへたりではないかと思い、
部品注文して早2ヵ月月、ようやく部品が揃ったので交換作業開始です。

ちなみに愛車コトコト日記の「コトコト」は、この音から来てます。
わずか2回目で車両からはお役御免(苦笑)

JT221

ショックアブソーバはカヤバさんのJT191S用を準備。
受注生産状態で、到着に1ヶ月かかりましたが、生産されててとても助かります。
ピアッツァの形式はJT221Fなので、適応外なんですが、フロントは同じ部品です。
そう、フロントは...。

それと、いすゞで注文したショック関連のゴムブッシュ類も新品を準備。
8月下旬に注文したら9月終わりに納品されました。
販売店さんいわく、わざわざ生産して頂いたようです。ありがたや~!

JT221

とりあえず狂夜さんと整備が本職の友人まんばさんを呼び寄せ、3人で作業開始です。
ジャッキで上げて下回りをまじまじと見るのは初めてなので記念に1枚。

これがあのニシボリック・サスペンションだ!

とまぁ、意気揚々と作業を始めたんですが、普通のマクファーソンなので
作業自体は楽に終わるんです。不測の事態さえなければ。

JT221

さっそくホイールを外した時点で不測の事態が発生。

今までの経験とかから、ブレーキホースの留め具を外したら、
コの字型になった部分からブレーキホースがショックと分離できると考えてましたが...。

なんと取り付け部分はコの字型ではなく板に穴が開いただけという、
ブレーキホースをキャリパから完全に分離しなければ取れない形状。

JT221

こんな形状観たのは初めてです。
無論、狂夜さんもまんばさんも観たことがないという...。

更に確認してみると...。

JT221

お前もかよ!

カヤバさん、懇切丁寧に純正形状を守っていました。

とりあえず、ブレーキホースをキャリパから分離するのは確実なので、
ブレーキ液と受け皿とか必要なものをホームセンターとオートバックスに買い物へ。

まさか作業開始早々買い物に出かけることになるとは。

JT221

買い物を済ませて作業再開。
ショックはとりあえず放置して、先に走行中ずっとうなっていた
リアのハブユニットAssyを新品に交換。

リアショック外してハブAssyを交換するのが正しいのですが、
今回注文したJT191S用のリアショックは、
長さが足りず付かないことがジャッキアップした瞬間に判明していたため、
外すことすらしなかったのでした。原因は後述。

JT221

リアハブAssy交換後、ようやくショック交換へ。
スプリングコンプレッサーで縮めてインパクトで早々と分解。

中に入ってるクッションがえらいことになってました。
手に持っているのが新品ですが...(笑)

JT221

とりあえず、スプリング以外全て新品の部品で組み上げ、
フロントのサスペンションを取り付けました。

今回はこれで作業終了。
ブレーキのエア抜きをしっかり行い、エンジンルームの清掃を簡潔に行って終了です。

JT221

さて言い訳になりますが、リアショックの長さが違う部品を準備してしまった原因はこちら。

いすゞのJT221シャシ修理書!

JT221

こちらが今回交換したフロントのマクファーソンの構造。
FFなので当然ドライブシャフトの上側にショックアブソーバ下側付け根があります。

JT221

で、こちらが後ろのマクファーソンの構造です。
判りますかね?
ショックアブソーバの下側付け根の位置がアクスルの上に突き出た部分にありますが...。

JT221

流石FFだ!リアにシャフトなんてねぇからよける必要が無いぜ!

どういうことかといいますと、アクスルの上の付きだした部分に付け根はなく、
そのさらに下側、アクスルの中心部分に付け根が存在しています。

つまり修理書に載っているのは4WD車のリア構造だったのです。
しかし、このJTピアッツァは国内ではFFしか存在していません。

なので、てっきり部品の共通化がなされてると思って4WD車である
JT191S用のショックを入手していたというわけです。

まぁ共通化されているならJT191型ジェミニでもわざわざFFと4WDで部品を分けないし、
これは完全なる私の確認ミス。

ちなみにこの件でJT191型の修理書と、JT221型の修理書は
共通化されていることがよくわかりました(笑)

JT221

で、まぁ話を元に戻してきまして、最後にタイヤを取り付けてBBSの
センターキャップを取り付けたらひとまず作業終了だったんですが、
なんとセンターキャップのロゴ部分が取れました(笑)

これがくっついてないとホイールにキャップをロックできないです。
しかしこの部品、中古でも手に入れるとなると割と高額なので
なんとか修理して使えるようにしなければ!

JT221

どんな構造やねんと思って見てみたら、爪で引っかかってるだけ!
いすゞもカヤバもブレーキホースの件でアホやったがBBSもアホなのか!?(笑)

ちなみにロック機構の割れとか発生してますが、動作は問題なし。
この外れたロゴ部分だけを修理でいけそうです。

JT221

ウルトラ多用途で付けました。
乾燥させたらいい感じに強度もあったので使えると判断。修理終わり!

JT221

今後は爪と接着剤で引っ付いてるのでまずロゴ部分は取れないでしょう。
ロック機構は今までのままなので自然に取れるかもしれんが...(笑)

力の加わる部分を爪で引っ掛けるだけとか、割と外すことがある
ブレーキホースを囲っちゃうとか、新規生産分を純正形状そのままで作っちゃうとか、
もう笑うしかねぇと思いながらの作業でした(笑)

ちなみにカヤバのブレーキホース取り付け部分は、
電動のこでコの字型に加工。整備しやすさは大事です...(笑)

手伝ってくれた狂夜さん、まんばさん、ありがとうございました!

スポンサーサイト

愛車コトコト日記 その1 

どうも、かいなんです。
突然なんですが、少し前に車を入手しました。

JT221

いすゞ ピアッツァ・ネロ(JT221)です。
少し古い車で手のかかることが多いですが、元気に走ってくれています。

我が家に来てから少しずつ手を加えているんですが、
とりあえず1回目はこんなところで(^^

ではまた次回。

S660に試乗してきました! 

今日は元々予定があったんですが、急遽中止に...。
気晴らしが無くてテンションがダウンしていたとき、
N‐ONEくんの定期点検で、お世話になってる
ホンダのディーラーさんに出向いていた父から電話が。

「S660のMTが試乗車で入ってきてるで」

すぐに外へ出る用意をして、もう一台の車でディーラーへ向かいました(笑)

S660

初めて実車を見ましたが、かっこいい!

ずっとビートのイメージを重ねていたので、S660も
黄色の印象が強かったんですが、青色も凄く似合ってる!

ソフトトップの外し方がよく分らなかったので、担当さんに外してもらいました。
ウィンドウ(後ろの小窓も含む)を全開にすると、エンジン音がよく聞こえる!

担当さんと話し込みながらシートやミラーの位置をあわせ、
半クラの位置を確認し、いざ1年3ヶ月ぶりのMTで試乗へ(笑)

幹線道路に出るときも、凄く加速してくれるし全然ストレス無く走ります。
ターボが付いているので坂道も楽チン。4速でガーッと登ってくれました(笑)

S660

駐車できるスペースがあるのでちょっと停めてまじまじと眺めてみる。
個人的にリアは好きな形とは言い難いんですが、フロントは好みの形です。

この後、もと来た道を戻りました。
シフトチェンジやアクセルの踏み方で、ブローオフの音が聞こえて心地良い!

ボディ剛性もかなり高いようで、段差に乗りあがるときもしっかりとした感じがします。
6速MTも走ると扱いやすい!ハンドリングも素晴らしい!荷物載らない!

運転してるとかなり痛快です。これは凄く楽しい!

S660

インパネ周りも凄く扱いやすいです。
エンジンスタートボタンだけは仕方ない位置にありましたが。

モニターには、アクセル開度、ブレーキ圧、Gメータが表示されて、
助手席の人からドライバーがどんな運転をしてるのか一目瞭然です(笑)

ハンドルも少し切るだけでかなり切れ角が付く仕様で、
交差点でも全く持ち替えせずに曲がれるような感じです。

ディーラーに戻って駐車しようとすると、後ろが全然見えない!
そしてサイドミラー面積が狭いので更に視界は狭い狭い。
「オプションですがバックモニター必須です」って担当さんも言ってました(笑)

S660

エンジンフードを開けるとこんな感じ。

64馬力とは思えないほどパワー感があります。
トルクフル、ターボ付きと言った辺りがその要因かなぁ。

エンジンカバーの「HONDA」ロゴは、エンジンフードのスリッドから
チラリするようにできており、これはなかなかいいポイント(笑)

S660

個人的にビートっぽいところがチラチラと見え隠れしていいと思っている部分。

試乗して、思っていた以上にスポーツドライビングを考えた
軽のスーパーカーといった印象が強くなりました。

軽の枠内でやれる事は全部やったというような感じで、
勿論至らない部分もあるけど、それを差し引いてもいいクルマだと思います。

乗ってて楽しい!

いや、ホント正直それ以外に何も要らないと思うんですよ(笑)
速く走るとかじゃなくてホントに。

まず第一にクルマを走らせる楽しさがよく分る車なんだと。

あと、ちょっと安心したのは、まだ体にMT操作の感覚が残っていた事で、
乗ってるときは何も感じませんでしたが、今となっては驚きです(笑)

試乗させてもらったディーラー様、ありがとうございました!

来期F1の淡い予想をしてみる 

さて、数年ぶりの車関連記事は、来期のF1を勝手に予想してみるです。
あくまでも私個人の予想なので、参考程度にしてもらえると嬉しいです。

今シーズンのF1は8人もの優勝者が出るほど、かなりの接戦でした。

では、大きなレギュレーション変更も特に無い来期はどうなるのでしょう?

まず、来期のドライバーラインナップを今期と比較して見てみましょう。

チーム名/国際放送での表記・エンジンサプライヤー
2012年 カーナンバー.ファーストドライバー/カーナンバー.セカンドドライバー
2013年 カーナンバー.ファーストドライバー/カーナンバー.セカンドドライバー

チームの並べ方は2012年のカーナンバー順です。

2012年の水色表記ドライバーは移籍が決定してるドライバー。
2013年の太字表記ドライバーは移籍してきたドライバー。
また、赤字表記は私の予想しているドライバー。
斜め表記のドライバーは、残念ながら来期グリッドに
並ぶことが出来ないドライバーと、並べないと予想しているドライバーです。
緑色に表記しているドライバーは初参戦のドライバーとなります。

※全て予想なので、来期必ずこうなるとは限りません。



-- 続きを読む --

時には違うお話を・・・。?なんか混じってますが? 

さて本日は唯は俺の嫁!氏のリクエストによって書くことになった記事です。
氏は学校の友達で、(と言うかラジコン?)についてよく話しています。

と言う事で本日は車(のゲーム)についてお話させていただきます。
とか言いながら書くことがあんまり決まって無いんですがねぇ・・・。

とりあえずいつもやってるゲームを主体に書いて行きます。

「車はどうでもいいかも・・・。」って思っている方もちょっと覗いてみて下さい。
-- 続きを読む --

プロフィール

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

ブログパーツ

天気予報

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。