河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

メガミデバイスで遊ぶ

なんとか月一更新していきますよ。かいなんです。

MD1

メガミデバイスの第2弾、スナイプ/グラップルを発売日に購入しました。
フレームアームズ・ガールとはコンセプトは違いますが、
サイズは一緒なので仲良く遊べます。まぁ同じコトブキヤさんの商品なのでね。

MD2

で、現状スナイプの素体が完成しています。
コンパチなのであとはスナイプの装備品を作るだけで完成です。

ただこの素体すごく出来が良くて、かなり遊べます。
ポーズさせたりしているうちに装備品作る気が無くなったので、
数週間ほどこの状態です(

スナイプを作ろうと思ったのはまぁ私の好みの問題。
メガミデバイス第1弾もスルーして先にこれを購入してますし(笑)

以下、適当にポーズ付けて遊んだ記録。
少しでもメガミデバイスの魅力が伝わればいいなと。

MD3

まぁ、ポーズ付けさせるのは完全に初心者なので
写真の構図とかそういうのには突っ込まないでください。

MD4

顔のパーツは3種類あります。
こちらは照れ(というか困り?)顔。
Twitterの方にもうちょっと成功したポージングの写真あります。
まだ少し成功してるポーズ

ちなみにちゃんとした綺麗な正座もできます。
正座のできるプラモデル

MD5

個人的にお気に入りのポーズです。かわいい。

ちなみに最初からずっと手のパーツが右手はパーで左手がグーなのは
パーツの付け替えが面倒だったから(

MD6

丸まります。ポージングは結構自由自在だと思います。

MD7

同じポーズのまま目線を下に下げました。
見る角度によってかなり彼女の映り方がかなり変わりますね。

寝転がっている場所が工作マットじゃなくて
クッションとかだったらならもうちょっと良かったかな...。

MD8

寝そべり。
頬杖ついて会話している風にカメラも下がっています。

MD9

上から見るとこんな感じです。
足パタパタ。かわいい。

こんな感じで遊んでます。
遊んでばっかじゃなくて、装備も作らねば...。

個人的にドール沼というのがよくわかるプラモデルだと思いました。
楽しいですねぇ...(笑)

気になったら是非作ってみてください。
FA:Gと同じく、かなり遊べるプラモデルです。


スポンサーサイト
模型 | コメント:0 | トラックバック:0 |

フレームアームズ・ガール 轟雷

結構前に購入してたんですけどね。

フレームアームズ・ガールの轟雷ちゃんです。
メカ×少女という組み合わせ、めちゃくちゃいいですよね。

MS少女なんかも結構いいなと思いますけど、
こちらはなんと組み立てキットです。

FA:G轟雷4

ようやく積みから救出されて組み立てはじめ。
なんだか背景ごちゃごちゃしてますけど気にしないでください。

ちなみに、フレームアームズというのはコトブキヤさんの展開する
オリジナルメカシリーズで、フレームアームズ・ガールは
その中に登場する機体を美少女化したものだそうで。

FA:G轟雷1

ガンプラ以外の接着剤不要なプラモデルを組み立てるのは
フジミ模型さんの艦NEXT大和以来です。

とりあえず今回はデカールも貼らない素組でサクサクっと組み立てます。

FA:G轟雷2

フレームアームズ・ガールの特徴といったら、なんといってもこれです!
おぱんつ!おぱんつの組み立てプラモデル!

本格的なおぱんつのプラモデルなんかこれが初めてなんじゃないか...。

FA:G轟雷3

デカールで柄が選べます。好きな柄のおぱんつ履いてもらえます!

色味は外装と合わせたものが入っていて、轟雷ちゃんの場合は
オリーブドラブに近い色合いのものが。
同じシリーズのスティレットちゃんには青の柄が入ってます。

今回はなにも貼らないので純白清純派おぱんつです。

FA:G轟雷5

というわけで組み立て終わりました。

足の可動範囲の都合でスカートが短いために、真上以外は
大体の角度でおぱんつが見えてしまいます。
もしかしたらズボンかもしれないけど。

にしても、最初から瞳の印刷が入っているのは本当にありがたいです。
瞳のデカール貼るのは結構難しいので本当に。

最近はこんなものも作ってます。
いや、ようやく欲しいものが製品で出たというべきか...。

メカ×少女はかなりいいものですよ。
皆さんも是非。


模型 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ガルパン劇場版4DX楽しいですね

つい最近、ガルパン劇場版4DXを2回見に行ってきました。
通常の劇場版もすでに6回見ていたので、通算8回目。

DSCF0717_mini.jpg

来場者特典のポストカードですが、
一発でアンチョビちゃんを引き当てるという快挙!

私のイタリア愛が伝わっているのだ~!と勝手な解釈(

DSCF0718_mini.jpg

そんなアンチョビちゃんの乗車する戦車であるP40ですが、
砲塔を頑張って組み立てました。はぁ大変だった...。

天板の折れ具合が成型のままだと浅すぎて、凹んだ状態に
なってしまうんですが、天板の裏面にPカッタで筋を入れ、
そこをペンチとかで折り曲げてなんとか側面とうまくなじみました。

ハッチをまだ接着してないのは、アニメ版のヒンジを再現しようと思っていた
からなんですが、OVA版では実物と同じスライド式になっていたので、
スライドできるように必死に機構を構想中...。

最悪ハッチ開の時の位置でだけ固定できて、
あとはフリーに動く状態にすればいいかな、なんて...(^^;;

DSCF0719_mini.jpg

んで、ガルパン劇場版を友人と観た後に日本橋に寄ってT28の模型買ってきました。
個人的にはWoTの影響からT95の方が馴染みのある呼び方です(^^;;

DSCF0720_mini.jpg

サスペンション組み立ててたんですが、16個もおんなじものを作ると正直飽きます(
これ組み立てるだけで半日が終わってしまいました。

DSCF0722_mini.jpg

OVMはまだ取り付けてないですが、ここまで進みました。
工具箱組み立ててるとき、姉に金閣寺でも作ってるのかと言われるという(

DSCF0721_mini.jpg

んで、まぁ思うことがあってコメットとズリーニィⅡ買ってきました。
もう少し懐に余裕があれば、ズリーニィⅠも欲しかったところです。

いやまぁ、戦車道の世界大会があるんなら、イギリス王国代表チームとか
あってもいいんじゃないかという妄想全開でコメット買ってきたんです。
少し前にはクロムウェルも購入しましたし、セントーも欲しいものリストに...。

んで、そんなことはまぁ置いといてですね。
個人的に推しなのは右側のハンガリー軍の自走砲、ズリーニィⅡ。

またも要らぬ妄想全開でハンガリー風の学校があってもいいじゃないかと。
実はティーガーⅠやパンターをごく少数装備していたハンガリー軍ですから、
そこそこの戦力は有している高校なのではないかと。
(実際のハンガリー軍は残念なことに...)

頭の中では2両のドイツ戦車と8両のハンガリー戦車という素敵な編成の
女子高校生チームが浮かび上がっております(

なので、ズリーニィⅠもそうですが、個人的には44Mタシュが欲しいのです。
トルディやトゥランも欲しいところではありますが、
前者は在庫を見かけないし、後者はそもそも模型が発売されてない...。

マイナー戦車でも欲しい人はいるから在庫増やして~(^^;;


模型 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『1/700 艦NX1 日本海軍戦艦 大和』 製作

黄昏よりも暗き存在、血の流れよりも赤き存在、
時間の流れに埋もれし偉大なる汝の名において、
我ここに闇に誓わん、我らが前に立ち塞がりし
全ての愚かなるものに、我と汝が力もて、等しく滅びを与えんことを。

ゴールデンウィーク、終わってしまいましたね(絶望)

私は大型連休が来る前は光を失ったような目で
大学に行っていたわけですが、またその状態が始まるわけですね()

さて、今回は前回の最後に予告したアレを作った報告みたいなのです。

P4260098_mini.jpg

で、最後に写ってたのはこのフジミ模型さんから最近発売された、
「1/700 艦NX1 日本海軍戦艦 大和」です。

P4260099_mini.jpg

このキットの最大の特徴は、箱の注意書き通り、塗料や接着剤を
全く使用しないで組み立てのできる業界初の本格艦船模型というところ。

今回はこの箱に書いてある通り、ニッパーとナイフ、ピンセット以外は
使用せずに組み立ていきました。(実はちょっと疑ってた)

P4260101_mini.jpg

なんだこのおっさん!(

P4260102_mini.jpg

とりあえず大まかに分けて3つのパーツで船体を組んで行ってるんですが、
結構部品同士をあわせるときに力が必要かなって感じがしました。

ただ、ダボを削らないと入らないってわけでもなかったので、
よくできてるなぁと感動。

P4260103_mini.jpg

艦底部を取り付けることで、フル・ハルモデルとして展示する事もできます。
艦底部の中はすっごい空洞なので、余りパーツの収納に便利(

P4260104_mini.jpg

シャフトを取り付けて、銀色のシールを貼り付けたところ。

細かい色分けとかは、付属のシールでやるんですが、
上側2つのように、長さが足りないシールもあります。

なので、下二つはシールの余白部分を切って足りない部分に貼り付け。
余白を長さあわせてカットしちゃった方が早かったかも...?

P4260105_mini.jpg

舵は小加工したら稼動できるようにできそうです。
今回はしませんけど(^^;;

P4260106_mini.jpg

カッターの塗り分けも、シールになってます!

ガンプラみたいにシールに切り込みが入ってないので、
でこぼこにあわせてシールを貼っていくのに一苦労(笑)

P4260107_mini.jpg

お、折れそう......。

ガンプラみたいな感覚で作ってましたが、
正真正銘、れっきとした艦船模型なんですよね。

P4260108_mini.jpg

別の成型色でできている木甲板を取り付けてみました。
見事な色分けです。

P4260109_mini.jpg

これぞ艦船模型の醍醐味()

ガンプラではありえない量の細かい部品です。
最終期の大和なので、対空機銃が針山のようにいっぱい......。

一つ一つをナイフで成型していくのは面倒だったので、
アルティメットニッパー・エッジでⅣ号戦車H型の転輪のゲートを
処理してきたのと同じようにゲートを切断していきました。

P4260110_mini.jpg

艦橋を製作して、取り付けました。
ややこしい部品いっぱいで、艦橋組むのが一番面倒かも~(笑)

そういや、今更なんですが完成した後に
この角度で写真撮るの忘れてました()

P5010113_mini.jpg

主砲を組み立てて取り付け。
砲塔は旋回・上下俯角調整が可能。

防水カンバスがシールだったんですが、貼り付けたら
俯角をつけるときに砲塔に当たって少しずつずれてきます(笑)

副砲の防水カンバスもシールですが、こっちは砲身の
取り外しができないので、主砲以上にシールの貼り付けが難儀しました。

P5010114_mini.jpg

マストとかの細かい部品も取り付けて完成です。
マストの黒い部分は油性マジックによる塗装。

実は油性マジックや修正液とかも使って防水カンバスとかマストを
塗るといいよって説明書に書いてあるんです()

なので、今回はマストの塗装に油性マジックを使用。
煙突上部はパーツで色分けされているので、なんか違和感()

他にも、艦橋の窓を鉛筆で黒く塗るとかも書いてありました。
今回はやってませんが......。

P5010115_mini.jpg

後ろから。
ピントは合ってませんが、飛行機も接着剤、塗料不要で作れます。
シールの貼り方が汚いのでピントを合わせない()

P5010116_convert_20150504012306.jpg

せっかくなので、先に完成している特シリーズの羽黒とともに白黒で。
木甲板はリノリウム甲板よりも明るいので、見づらくなっちゃいました。

そもそもこんな距離で航行することは無いですが、サマール沖海戦で
大和と羽黒はかなり離れてたはずなので、すごくIF満載な絵ですな(笑)

そんなこんなで、塗料も接着剤も要らない、フジミ模型さんの新たなる挑戦、
また、艦船模型の新しい歴史の始まりとも言えるキットを組み立てたわけですが、
個人的にはとてもお勧めできるものだと思います。

一番の見所はやはり接着剤と塗料が不要なところ。
ゲートの処理がうまくできれば誰でも組み立てれるので、大して細かい事に
こだわらない私みたいな方とかには買って良し、組んで良しって感じです。

他の艦もこんな感じで出てくれるととてもありがたいですね!

ドラグ・スレイブ!


模型 | コメント:0 | トラックバック:0 |

貴方はもう忘れたかしら

まず本題に行く前に......。

整備士手帳

無事に国家2級ガソリン自動車整備士免許の登録試験に
合格しまして、今日整備士手帳が届きました。

あとは全部免許申請をすれば、晴れてプロの整備士の仲間入りです。
まぁ取ったのはいいものの、整備職に就かなければ名ばかりですけど()

さて本題です。
最近の事ではないんですが、戦車模型の制作も少しずつ進めています。

シャーマン

最近進めているのはM4シャーマン中戦車初期型。
車体はほとんど完成しているんですが、砲塔がまだ完全でないですね。

サスペンションは、車体に取り付ける側は車体に接着してますが、
表側に来るパーツと転輪、支持輪は固定してないので
マスキングテープで仮固定しています。

タミヤ模型さんのキットなので、ここまでくるのも少ない
作業時間でしたが、3日ぐらいでできました。

Jティーガー

もう一つはヤークトティーガー。
起動輪、誘導輪、転輪もできてますが、付けていくのが面倒でした()
まだ車体下部と車体上部&戦闘室は接着してません。

Jティーガー

後部のハッチは固定せずに可動できるようにしてます。
塗装したらひっついて動かなくなりそうですが()

まだ塗装できてない戦車が大量にあるので、今年の夏には
色々と塗装していきたいです。

テケたん

これは最近の買い物。
ガールズ&パンツァーのスピンオフコミック、リボンの武者の
主人公2人の乗る主役車両、九七式軽装甲車テケ。
その名の通り、日本の軽装甲車(豆戦車)です。

ファインモールドさんから限定2000個(だったかな?)で生産、販売されています。

テケたん

蓋を開けると真っ赤!(笑)
成型色がまさかの赤色で、戦車模型のなかで類を見ないものに。

限定2000個とか言われたら組み立てるのにすごく迷ってしまいます。
もう一つぐらい欲しい(笑)

まぁそんな感じでまた色々と進めていってます。
艦船模型はの方は次ぐらいに。

大和

こいつはすごいぞ~......(^^)


模型 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ぼくのなつやすみの

夏休みも始まってもうすぐ1ヶ月になりそうです~。

8月の初日から朝起きたら12時とか色々とダメ学生ブリを
露呈していってますが、最近はちゃんと10時起きです。

そういえば、ラピートに格安航空会社ピーチの
全面ラッピングトレインが走り出すそうですね。
赤いラピートに続いてピンクのラピート(顔面は真っ白ですが)とくれば、
ゴレンジャーまであと3色です()

学プラの仲間内から「作らないの?」とか「期待してますよ!」とか
言われてるので、この前種車買ってきました(笑)

さて、本題の方、最近は戦車模型の製作を進めてます。
艦船模型の方もまぁちょっとやってます。

エレファント

エレファント作ってます。というか、もうほぼ完成してます(笑)
4日ぐらい3時から9時ぐらいまでカンヅメになりながら作ったらあっという間でした。
連結履帯を組み立てるのが強敵で、片方作るだけで1日の作業時間潰れました。
なので、もう片方は未だに作ってません~(^^;;

みぽりん

ちょっと番外ですが、ねんどろいど西住みほが届きました。
みぽりんのねんどろいどは上新電機さんで予約したのに
期限切れで入手できなかったというアホみたいなヘマをやらかしたので、
今回はグッスマの通販で注文しました。確実でオマケも付いてくるし、いい気分♪

ティーガー

で、今更になってからですが、ガルパン仕様にしようと目論んでいたティーガーⅠ、
フロントフェンダーの形状が違ってましたorz
極初期型をルンルン気分で組んでたので、うっかり見落としてた。
別の用事で初期生産型を買っているので、こっちから作り直すか
悩みますね。でも個人的に大好きなティーガーⅠが増えるのは良いですなぁ。

P40

最後にコチラ、何か分る人がいるのかどうか(笑)
私が一番最初に完成させたⅣ号戦車F2型とほぼ同時に購入した
イタリアの重戦車、P40でございます。
キット事体の難易度が少々高め(車体・砲塔の箱組み、パーツのかみ合わせが最悪等)
なので、作るのを遠慮してたのですが、ようやく手を出しました。

結構頑張って作ってるので、車体と戦闘室の箱組みは大成功(自己満足)
お次は砲塔ですが、まぁ色々とやっているのでしばらくはこのままです(笑)

あと、写真には無いですが、Ⅳ号戦車H型の製作を進めたり、
ヤークトティーガーを組み始めたりと、色々やってます。

いつかんせいするのか

何時完成するんでしょうね()


模型 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>