03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

使っている工具などの紹介 

模型の制作や、プラレールの改造で使用している工具の紹介です。

接着剤

接着剤ですが、ミリタリーモデルには右側のプラモデル用接着剤、
プラレールは主にアロンアルファを使用しています。

プラモデル用の接着剤は、さらさらタイプとドロドロタイプを
用意していればほとんど事足りると思います。

両面テープは部品の位置確認や、
貼ってはがせる部品を作るときに使っています。

ピンバイス

ピンバイス。最近は主に真ん中の
タミヤ模型さんのものを使う機会が多いです。
模型製作に必要な径はあらかたそろえています。

右側のピンバイスはプラレール改造をはじめた当初に
ダイソーで買ってきたもので、今も愛用の品。

ピンセットはつる首タイプをよく使います。が、
正直慣れや好みの問題だと思うので、私のようにどちらも買ってきて
使い比べて好みの方を選ぶといいと思います。

刃物

カッターやデザインナイフ、Pカッタはオルファの物。
のこはタミヤ模型さんののこ(通称:田宮乃ノ子)を使用。
エッチングバサミもタミヤ模型さんのものです。

エッチングバサミ以外はプラレールの改造にも使えますよ。

ちなみに、タミヤ模型さんの出す工具はだいたいオルファのものを
自社ブランド品としてOEM生産してもらっているものなので、
変にこだわって全てタミヤ模型さんのものでそろえる必要はありません(笑)

やすり

やすりです。
紙やすりはホームセンターで120~500・2000番辺りを買ってます。
棒やすりは平面、曲面、円など、色々なバージョンを用意。

一番右側の袋に入ったやすりはエッチング用のやすりです。
模型にしか使いません。

ドライバー

ドライバー

大きなドライバーから小さなドライバー、更には特殊なドライバーまで、
各種取り揃えています。1枚目の大きなドライバーセットは
ミドリ電化さんの来店サービス品で、タダで入手しました。

2枚目のドライバーセットは、持ち運びに便利なので
よく運転会とかに持ち込みます。

ニッパ

ニッパーですが、用途によって使い分けています。
左端の2つのニッパーは最近使っていません。

真ん中のミネシマさんのニッパーは、太いプラやプラレールの車体を
切断したりするのに使っています。安いニッパですが、
それなりに強度があり、今のところ使用による切れ味ダウンはあまり感じてません。

右側の2つはゴッドハンドさんのアルティメットニッパーで、
内側から通常タイプ、右端がエッジタイプです。
とても切れ味がよく、極薄刃なので、デザインナイフでやっていた
ゲート処理がニッパー一つでできるようになり、重宝しています。

エッジタイプは狭い箇所にも入り込むので、パーツの奥まったところに
ある不要なモールドを切り取るときにも使えます。

ペンチ

エッチングパーツなどを折り曲げたりするのに使っているのが
こちらのペンチなのですが、かなり昔から使っているものなので、
いたるところに錆びが出たり、ガタつきが出ています。

先述のニッパーもですが、可動部に定期的に油を差してやると
ガタつきや錆を抑えることが出来ます。

mスキング

テープ

マスキングテープはいろいろな大きさを取り揃えています。
大きな部分はチラシの切ったもので覆うので、あまり大きな
マスキングテープは不要なんですが、一応持っています。

ビニールテープは、塗装前にラインの位置決め等でたまに使います。

真ん中にある透明なテープはガイドテープです。
プラスチックで出来たテープなので、Pカッタやノコを入れる位置の
ガイドとして使用します。あると便利なので買って損は無いかと。

複製は、型想いとパテを使って複製品を作っています。

ネジ

ビスの保管は、小学校の頃に交通科学博物館へ行ったときに作った
メダルの入れ物に入れて保存しています。
左右のトレーは裏面にマグネットが付いており、
一時的にプラレールの車体から取った時に置いて置くためのもの。
2つある意味はありません。1つでいいです。

ピンセット

一番右のものは、エッチングソーといい、オルファのナイフに
取り付けて薄刃のノコとして使用することが出来ます。

その隣塗料かき混ぜ棒は、買ったはいいが全然使っていません(笑)

更に左側のものは逆動作ピンセットです。箱から出していません。

真鍮線は0.3ミリ、0.5ミリ、0.8ミリのものを用意しています。
正直、0.8ミリだけあればプラレールの改造に事足ります。

左側のものは塗装用の台です。
ホームセンターで買った竹串の先端に部品をとり付け、
ホームセンターで買ったスチロールブロックに刺しています。

そのままでは軽いので、1/10スケールの自動車ラジコンの
タイヤを穴の中に入れ、重石にしています。

はさみ

一番左にあるのはボディリーマーです。
プラレールやプラモデルの改造、製作には全く使用しません。
元々は1/10 RCのボディ用の物なので、サイズが全く合いません。

その横はラインテープです。これも、元々はRC用にと準備
したものですが、切断位置の目印としてプラレール改造にも使っています。

その上はホームセンターで買ったビスの袋詰めです。
プラレールの連結器増設箇所の抑えとしてよく使用します。

その横のはさみは、曲線ばさみです。はさみの先端が曲がっており、
先端を使用することで円を描きながら物を切断する事ができます。

右端はアミグラスメッシュテープです。やはりこれもRC用(笑)
プラレールやプラモデルでは全く使いません。

プライマ

金属に塗料を塗るためには、下地処理をしなければなりませんので、
塗装面に画像左側の瓶、メタルプライマーを塗ります。

右側のものはちょっとお高い感じのシールですが、一回も使っていません。
今後使うことも無いでしょう(笑)

ラッカー塗料

塗装は、小学生の頃から慣れ親しんでいるスプレー塗装を主にしています。
瓶に入ったものは、塗装ミスなどがあった場合に使用するリムーバーです。

筆用塗料

プラモデルの製作にあたり、筆塗りの必要性を感じたので、
筆塗り用具も一式購入しています。スプレーでは塗装できない細かい
場所や、模型のOVMの塗装に使用しています。

マッキー

フルスクラッチ等で使用する黒色のサインペンを入手するためだけに
購入したマッキーのセットと、筆塗りをする前の作品の
色差しに使用したガンダムマーカーです。

アルコール

1/10 RCに使用するクリーナーです。
成分はアルコールなので、ティッシュに含ませて塗装を落とすことも出来ます。

油汚れが落ちるので、塗装前に
これで洗浄する事で油分を取り除く事ができます。

スポンサーサイト

プロフィール

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

ブログパーツ

天気予報

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。