23年前の今日、つまり1987年の3月31日、国鉄は最後の日を迎えました。
1987年の4月1日は、国鉄がJRグループに分割、民営化され
創立から87年までの38年間の歴史に幕を閉じました。
末期の国鉄は、財政赤字により経営難に立たされ、一応「名列車」を開発したり、
「迷列車」を作ったりして、なんとか財政難をやりくりしていました。
しかし、弾丸列車計画もとい東海道新幹線などの開通により、
財政は更に圧迫され、さらに経営が困難になっていました。

そしてついにJRとなり、通称「走ルンです」電車を作る会社もあれば、
「新幹線さえあればいいから在来線は普通列車ばっかりでいいや」と、
一応快速列車を設定するもJR静岡に入れば普通列車ばっかりになったする会社、
「古い車両を大切に、末永く使いましょう計画」を発動させ、
末期国鉄のように迷列車を作ったり塗装を「末期色シリーズ」にしたりする会社もありました。

はてさて、国鉄民営化は正しかったのかどうなのか・・・。

4月1日国鉄民営化・・・。ん?4月1日・・・?

4月1日=エイプリルフール・・・。

国鉄民営化は嘘だったのですね!(ナンデヤネーン

さて、↓↓↓(少し重たいページになりました) 続きを読む
スポンサーサイト

皆様、お久しぶりです。やっと更新できましたw

帰ってきてから、色々とありまして、本日に至ってます。
大丈夫です。ちゃんと生きております。

さて、今回の旅行の目的なのですが・・・。
まず、「きたぐに」「雷鳥」「キハ58」に乗るのが目的でした。
が、行く直前になって松任工場に489系H03編成が留置されていることを知り、
松任工場にも行く事になり、更に赤レンガ車庫も加わり、なかなか味のある旅行でした。

写真は、圧縮終了後、後日旅行記としてうpしますので少々お待ち下さい。

今日は時間がありませんのでこれで失礼いたします。

ではまた次回の更新をお待ち下さい!

2年分のお年玉(前借)が旅行費に消えた鞘凪美影のお送りする改造シリーズ!w
さて、本日は二回目の更新です!

みやび号製作で、おもっきり放置だったこの車両もようやく完成が見えてきました!

完成に近づいたキハ52形気動車

屋根の端部分にパテを盛り、削って大体完成のところまで持ってきました。
手前から、115・156・125です。各車両塗装以外に違いもあります。個性派ですねw
実車は、本日が3両編成での最後の運行だそうです。
赤レンガ車庫も線路が撤去され、何時解体され始めてもおかしくない状況に・・・。
JRおでかけネットの糸魚川地域鉄道部からのお知らせのページも無くなりました。

尾灯には2ミリのコトブキヤのノズル

尾灯にはコトブキヤの2ミリノズルを採用。
3ミリにしようか迷いましたが、小さい方が可愛いかなと思ったのでw
実車は、埋め込み式の尾灯と、出っ張ったタイプがあります。
埋め込み式は再現が難しいので諦めました。

ライト周辺

ライト周りです。2灯式ライトはシールでも作って再現しようかと・・・。
タイフォンは、屋根のパテを削った後、3ミリのピンバイスで穴を開けて取り付けました。

後は、屋根のクーラーと、貫通扉のステップ、塗装だけです!
もうちょっと早く完成させて旅行に持って行きたかったなぁ・・・。

ついに本格的に始まったこの車両の製作!
第一回目はクモハ485-200のお顔ですw

前回ご紹介した時は、まだ本格的に製作はしていませんでした。

クモハ183系の顔

クモハ485は、2両製作することに。
何故2両製作することになったのかというと、「はくたか色」を作っても、
予定していた「しらさぎ」編成の両数と同じ数だけ同じ車両が余る事が判明。
ここで、何を思ったのかその余り編成を
クモハの部分以外国鉄色で統一したのが始まりでした。
という事で、しらさぎは、通称「あおさぎ」と呼ばれるY編成と、
国鉄色のK編成(実在していたか不明ですが、両端貫通型)の製作をする事に。

修正前と比較

とりあえず、写真左の物から少し修正を加え、右の設計図(と言っても超簡易)を製作。
↓書き直してもバランス悪いですね・・・。字が汚いのは気にしないで下さいw

クモハ485-200 顔面設計図

左が修正前、右が修正後の設計図(?)です。
修正は、真ん中の窓が少し縦に小さくなったのと、貫通扉の大きさ等です。

485-200修正版全体

最終的にこんな事になりました。
スカートは、種車にあさまのマグネット車を使っているのでこれ以上大きく出来ません。
とまぁ、しらさぎのY編成がパノラマ車とクモハ、K編成はクモハを加工するだけなのでw
しらさぎの加工はとりあえずここで止まってますw

23日から26日までの4日間、北陸旅行に行ってまいります!!
乗車する列車は以下の3つの特急と普通です!
(卒業旅行という名目で来年のダイヤ改正に備える私)
※プラレの上沼色は北越という事で・・・(汗
(雷鳥ときたぐにの位置逆ですねw 今気がつきました)

特急、急行券

しかし皆さん真ん中の特急券をご覧ください。
3月24日に糸魚川まで乗る事になっています。
ここで疑問を思い浮かべた方は鋭い!!
「金沢から雷鳥で帰るのだったら金沢まで乗ればいいのに」と思われるのでは!?
(あくまでも勝手な考えです。勝手ですみません・・・)

※糸魚川駅関連のイベントは22日で一度終了

実はこれ3月21日出発の予定だったのです。
ですが、21日と22日(念のため)のきたぐにが満席。
キハ52の3両編成での運転は22日が最後なのと、
旅行に行く方々が多いのが理由でしょう。

キハ52は諦めるとして、糸魚川に行く用事が無いようにも見えます。
が、ここで1つ思い出したことが・・・。

まだレンガ車庫(もしかすると一部)があるのでは!?

頼むみます!まだ取り壊さないでぇ!!

その後いろんな事を考えると、
高山本線だとかだとか色々思い浮かび、

結局23日の夜から24日の朝にかけてきたぐに、
昼から北越で糸魚川、16時ぐらいから普通列車でゆっくり富山へ。
あくる日の朝高山本線のキハ58に2往復ほど揺られ、また昼前から普通で金沢へ。
金沢で兼六園などを見に行ったり金沢車両センターを見たり(?)
ここで泊まって朝から雷鳥で大阪へ帰るという結構ハード(?)なプランに。

合計五枚の切符

合計五枚の切符になりました。(祖父も行くのであわせて十枚)

とりあえず高校の宿題しながら(爆)wktkして23日を待ちますよw

本日、3月14日より、
「鞘凪美影のプラレール改造日記」は、

「国鉄プラレール!! -splendid Japanese National Railways world-」

に名称を変更します!
名称変更と共にテンプレートも変更いたしました。

リンクされている皆様方のサイト様には、お手数ですが、名称変更をお願いします。

皆様、今後ともよろしくお願いします。

詳しいサイト内整理について・・・。
続きを読む