こんにちは。
最近は何やってるのかというと、ずっと「艦隊これくしょん」こと、
「艦これ」をずっとやっています(笑)

艦これ

8月の4日頃に、やろうと思ってDMM.comの会員登録すると、
早速こんな感じになってがっくりしてたのです。

この建設中のサーバが、開設日の11日は
抽選で当たった人だけに開放されるということで、
ちょっとだけ期待しながらクリックしてみると、なんと入れてしまいました。

艦これ

とりあえず駆逐艦の那珂から電(いなづま)さんを選択して、
チュートリアルをやったんですが、これがすごい判り辛い・・・。

手探り状態でなんとかやってのけ、
2隻の駆逐艦で1つ目のエリアに突撃。
いきなり電さんが中破してしまい、服が破けるダメージ表現。
勝敗に関しては、理論的によく言われるランチェスターの法則は関係なく、
一部の艦では駆逐艦1隻でも夜戦込みで敵の駆逐艦3隻を倒す事ができるようです。
ま、所詮理論は理論で現実とは違いますからね(笑)

そんな感じで「うおぉ!」ってなった私は後々資材枯渇で苦労する羽目に。

艦これ

戦艦が出やすいレシピというのがあり、それをやってみたのですが・・・

艦これ

まぁこんな感じに扶桑型がそろい、燃料と弾薬がドンドン減ります。
扶桑型2艦が出る前には翔鶴型2番艦の瑞鶴もでたので、非常に資材が厳しい・・・。

そんな那珂、なんとか資材をやりくりして3000を超えたところで
戦艦の出やすいレシピで建造を再開。
私のネイバルホリデーはたったの3日のみw
(個人的に陸奥と金剛の2艦が欲しくて、どうしても建造するアホです)

艦これ

そして建造されたのがこちら、日本のフラグシップ長門型1番艦の長門さん!
日本を代表する戦艦で、ワシントン軍縮条約下で日本が
保有を認められた世界のビッグ7中最強と言われる2つのうちの1つです。
(もうひとつは色々とわけありの長門型2番艦陸奥さん)

第二次世界大戦を生き抜き、アメリカの実験で2発の原爆を落とされても、
なお海上に君臨した姿は、まさに最強の戦艦といっても過言ではありません!

こんな感じで、艦これライフを満喫中です。
早く陸奥と金剛建造したいなぁ・・・。

さて前置きが本編みたいに見える那珂、ココからが本題ですが
このカテゴリの記事も随分と久しぶりですねぇ。

確認すると、2年前の冬にグフ・カスタム作った以来のガンプラ記事。
それ以降はMGよりもHGを作る比率が高くなり、
ガンプラライフを片隅で楽しんでおりました。

最近はガンプラとは違う本格的なミリタリーモデルに手を出したりし、
ガンプラと一緒で積み状態にしてしまう感じに(^^;

ガンダム

外箱です。ガンキャノンが2機、ジムが1機写ってます。
色々と突っ込みどころが見えますが、まぁ気にしないでおきましょう。

ガンダム

内部フレームのランナーは全然撮ってない謎めいた行動をした私。
外部装甲のランナーも一部しか写ってません(笑)

外装だけを見ると、リアルグレード見たいな感じですが、
組み立ててみると結構違うところがあって面白い・・・のかも。
私はRGのRX-78ガンダムを持ってないのでわかりませんが。

組み立てがいがあってすごく楽しいです。
これは組んでみるのをオススメします。

ガンダム

なんやかんやで完成しました~♪
素組みの色さし無しです。
私だけかもしれませんが、コックピット周辺に少々違和感があるのは、
メンテナンスハッチが腰部まで届いていないからでしょうか。

ちなみに、腰をのけぞるように稼動させると、メンテナンスハッチの横から
パイロットがチラリしてしまう仕様です(^^;

個人的に嬉しかったのは、コックピットハッチが
メンテナンスハッチと別に稼動するところ。
今までのMGガンダムは、メンテナンスハッチごと
開いていたので、これはいい感じです♪

ガンダム

そして、最近のMGで実装されたのが関節を完全再現したマニピュレーター。
リアルな可動が話題を呼んでいますが、
リアルに動きすぎて気持ち悪い動きをして(させて)しまう事も(笑)

ガンダム

コア・ファイターもちゃんと再現されています。
もちろん、コア・ブロックへ変形する事も、ガンダムに入る事も可能。

ガンダム

更に、コア・ブロックは単体で別のパーツが付いてくるため、
コア・ファイターとガンダムを別々に展示する事もできます。

右側のコア・ブロックは、LEDを使用する時のために上部がまっ平らです。
LEDまだ買ってないので、プレバンの拡張セット購入しようかと。

ガンダム

LEDを入れるために、胴体にはこんな感じにスペースが作られています。

全体的に、バランスが取れていて、組み立てる楽しさを実感するキットでした。
HGは組みやすくてコレクション性のあるキットですが、やはりMGは一味違いますね。

GP01/FB

それと、MGガンダムVer3.0と一緒に買ったこちらも組み立てなければ。
RGはHGサイズのものにMGの楽しさを組み込んだようなキットなので、
個人的にお気に入り。ただ、どこか一部の部品はすぐ取れちゃうんですよね。
特にザクとかガンダムMk-Ⅱとか部品が取れやすい・・・。

そして今度はストライクフリーダムがRGで出てくるそうで。
宇宙世紀好きな私としては、他のU.C.系列のMSも出て欲しいですね(^^

あ~積んでるプラモをどうにかせねばぁ~・・・

スポンサーサイト

どうもみなさん、最近更新してなかった人です。

さてさて、今回私は遂に行ってきましたよ!

しまだ

静岡県島田市!

そうです!8月の15日と16日の2日にわたって行われた
「プラレールひろばINちゅうおう」に、開催前の14日からスタッフとして
静岡県の方に新幹線を使って移動していたのでした!

ちゅうおう

レイアウト全体はこんな感じです。
手前から福遠さんの資材で出来たゾーン、TKR601さんの資材で出来たゾーンと
1000番台さんの資材で出来たゾーン、一番奥が雅さんのゾーンになっています。

今回、設営時は主に入り口側から見て1000番台さんのゾーンの手前にある、
通称「ミドリマキバオーゾーン」を雅さんの資材で設置。
タワーの建設と、福遠さんゾーンを手伝っていました。

いやー今回の運転会はなかなかに楽しかったです(^^
え、運転会の内容ですか?

あまりにもやる事が多かったので写真が全然ありません(笑)

さて、今回この運転会に参加したのにはもうひとつ理由があったから。

なんかい

南海21001系を見るためなのでした!
いやーカッコイイ!!

私の生まれた数年後の1997年に引退してしまいまして、
高野線で走っているところを見た事は全然ありませんでした。

見た事あるのかもしれないですが、記憶に無いです。

なんかい

最後までクロスシートで奮闘した
(といっても、21001系の中では元々クロスシート車はレアですが)
最初期の2編成が、今もこのように見れるだけでも感激です。

個人的には一畑に行ったロングシートの彼らにも会って見たいですが、
お金がなかったりその他諸々で危機感がMAXびゅう号(

せっかく2200系が天空に改造されて高野線に復帰したんだから、
21001系を南海が買い取って天空と連結して走らせると面白そうですね。
まぁ実現はしないでしょうけどw

今度は冬に21001系に乗りに来ようかと考えています。
動いてるといいなぁ。

ではではっ

昨日、超久々に、改造車両のページを編集しました。

今回、一部車両の削除や表示文の見直し、新しい改造車のページ製作。
すこしだけすっきりした印象になりました(?)

おそらく「スヌ31へ種車転用のため製作休止」という
謎の一文が存在している車両があり、皆さんよく分らないと思うので解説。

Q.そもそも、スヌ31の車体はプラ板からのフルスクラッチでは?
A.全ての加工が終わり、塗装をする前の段階では、全くわかりませんが、
 実は旧客の屋根を転用している部分が一部のみ存在します。

スヌ31

屋根のRを描くプラ板は、実は旧客の屋根に
そのままプラ板を貼り付けているだけなのです。
また、ドアのある部分の側面の上部分のRに関しても、
屋根を接着後にRに合うように削っただけ。

ですので、屋根部分はほとんど
旧客そのままと言っても過言ではなかったり(笑)

こういった事情のため、サハ4801形客車は製作を休止しています。

さてさて、新しい改造車のページの事についてもちょっとだけ。

かしまりんてつ

「鹿島臨海鉄道6000形 ガールズ&パンツァー ラッピング仕様」を、
改造車のページへ追加しました。

また同時に、新しくオリジナルプラレールという項目も出来ました。
相当アホみたいな事をすごく真面目に書いています(笑)

というわけで、今日のところはコレでおしまいです。
ではまた次回の更新までサヨナラ~

既に参加から1週間ちょっと経ってますが、
前回やると言ったので意地でもやらなければと動いたのが夜中です(^^;
それもホントの夜中です!真夜中です!?

まぁ参加されたSEMBOKU5501さんやひろしさん、そして西電さんが
既に記事を書いていらっしゃるので、私の方は簡単なもので
済まそうという手抜き感満載な記事です。(いつもの事ですけどね)

皆さんやる事なすこと早くてさすがと思います(^^
若い人が羨ましいです。

さてさて、今日まで更新をサボっていたわけでなく、
大学の都合等が重なり、まとまった時間が取れていませんでした。
ということで、ようやく今日の夜中にかけますわ~。

夏休みの間は、軌跡シリーズ関係の事が多くなりそうなので、
それ以外のことは早く済ましておきたいという本音


ガルパン×鉄道

今回持ち込んだ車両ですが、前回も紹介しました鹿島臨海鉄道6000形です。
かなり前に作ったⅣ号戦車F2型も持ち込み、記念撮影。
前回一工夫して持ち込んだと書いていましたが、
その一工夫がラッピングです。
すごくしょうも無いことですが、すごく時間をかけてしまい、
当日は寝坊するというオチ。

鹿島臨鉄

そして、でんさんの製作された鹿島臨海鉄道の7000形と並びを撮影。
いやはや、私の6000形は背が高くてすごく不恰好ですね(^^;
その点踏まえて工期長く取ってリベンジしたいです。

キハ33は縦長でも違和感なかったんですが、
鹿島臨鉄6000系は違和感ありまくりでもうね・・・。

鹿島臨鉄6000系

主に線路を走るときは後ろにコキをつなげて
えちごやさんの持ち込まれたワールドタンクミュージアムの
Ⅳ号戦車H型を2両乗せて走行。実車だと普通は走れませんが(笑)

撤収のときに、この戦車2両はえちごやさんのご好意で譲って下さいました。
感謝感謝です。

カメラカー

会場では、こんなへんちくりんな貨車も走っていました。
ていうか、私が持ってきてEF60の特急色に引かせてたんですけどね(笑)
会場で製作された突貫車両なので、材料はマスキングテープのみ。

建築限界も問題なくクリアできているんですが、
なにぶんカメラの位置が見事子供の顔の位置で、
更に広角なレンズが災いし、ほとんどの方の顔が写ってしまっている始末。
一般公開も出来なさそうなので個人で楽しむカメラカー(笑)

S雷鳥

ユッキーさんのスーパー雷鳥です!
完成した実物を拝見するのは初めてだったので感動!

もちろん、私のヤツはまだ完成してません!(((
そろそろ再開しないとな・・・。

やーど

色々な改造車の集まる操車場。
SEMBOKU5501さんやひろしさん。暁さんから青ガマさん、
西電さんとユッキーさんの車両でほとんどが埋め尽くされています。

私は3両しか持ってこなかったので、ココには置いてませんでした。

えf13

EF13は今回初めての運転会デビュー。
先述の操車場ではすご場違いな感じしか出していなかったので、
「貨物の鬼」こと、けいさんのブースにお邪魔させて頂いてました。

183

ユッキーさんの持ち込んだ183系。
北近畿やこうのとりっていうと、コレや287系しか出てこない・・・。

201

ひろしさんの201系。
加工も塗装もしっかりされていて、すごくクオリティが高いです。
私もコレだけきっちり加工できるようにならないと・・・。

じぇ

ユッキーさんの製作された三陸鉄道の36ー100形です。
某連続テレビ小説を最初の方から偶に見ていたので、
今回一番見たかった車両です!

あと、キハ120も持ち込まれており、私の製作車両との相違点など、
フルスクラッチ車両についての改造談義もさせていただきました。

103と201

青ガマさんの103系混結とひろしさんの201系。
ひろしさんの201系は、走行中にジャンパ線が外れてしまい、
無くされないようにマスキングテープで前面に貼られていました。

青ガマさんの103系も新作で、毎回103系についての知識が高まります(^^

推したろう

青ガマさんと西電さんの後部補機並び。
EF67については、一昨年の亀山運転会のときに、青ガマさんが100番台を、
私が0番台を作ると言っていたのですが、完成させているのは青ガマさんのみ。

意識低いとかじゃなくて、種車がないんです・・・。

ふりこ

ラストはえちごやさんの製作された振り子機能の付いたコチラ。

すごい昔に作った私のアレとはまさに雲泥の差。月とすっぽんです。


さてさて、大盛況のうちに幕を閉じた第10回南河内運転会。
今回は突貫工事でしたが、
次回やるときはもう少し早めに新作を準備しておきたいところ。

今後も運転会のたびに新作を持ち込めたらいいなと思いながら、
今日も時間を他の事に吸い取られていくかいなんなのでした。

それでは次回の更新まで。