河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

S660に試乗してきました!

今日は元々予定があったんですが、急遽中止に...。
気晴らしが無くてテンションがダウンしていたとき、
N‐ONEくんの定期点検で、お世話になってる
ホンダのディーラーさんに出向いていた父から電話が。

「S660のMTが試乗車で入ってきてるで」

すぐに外へ出る用意をして、もう一台の車でディーラーへ向かいました(笑)

S660

初めて実車を見ましたが、かっこいい!

ずっとビートのイメージを重ねていたので、S660も
黄色の印象が強かったんですが、青色も凄く似合ってる!

ソフトトップの外し方がよく分らなかったので、担当さんに外してもらいました。
ウィンドウ(後ろの小窓も含む)を全開にすると、エンジン音がよく聞こえる!

担当さんと話し込みながらシートやミラーの位置をあわせ、
半クラの位置を確認し、いざ1年3ヶ月ぶりのMTで試乗へ(笑)

幹線道路に出るときも、凄く加速してくれるし全然ストレス無く走ります。
ターボが付いているので坂道も楽チン。4速でガーッと登ってくれました(笑)

S660

駐車できるスペースがあるのでちょっと停めてまじまじと眺めてみる。
個人的にリアは好きな形とは言い難いんですが、フロントは好みの形です。

この後、もと来た道を戻りました。
シフトチェンジやアクセルの踏み方で、ブローオフの音が聞こえて心地良い!

ボディ剛性もかなり高いようで、段差に乗りあがるときもしっかりとした感じがします。
6速MTも走ると扱いやすい!ハンドリングも素晴らしい!荷物載らない!

運転してるとかなり痛快です。これは凄く楽しい!

S660

インパネ周りも凄く扱いやすいです。
エンジンスタートボタンだけは仕方ない位置にありましたが。

モニターには、アクセル開度、ブレーキ圧、Gメータが表示されて、
助手席の人からドライバーがどんな運転をしてるのか一目瞭然です(笑)

ハンドルも少し切るだけでかなり切れ角が付く仕様で、
交差点でも全く持ち替えせずに曲がれるような感じです。

ディーラーに戻って駐車しようとすると、後ろが全然見えない!
そしてサイドミラー面積が狭いので更に視界は狭い狭い。
「オプションですがバックモニター必須です」って担当さんも言ってました(笑)

S660

エンジンフードを開けるとこんな感じ。

64馬力とは思えないほどパワー感があります。
トルクフル、ターボ付きと言った辺りがその要因かなぁ。

エンジンカバーの「HONDA」ロゴは、エンジンフードのスリッドから
チラリするようにできており、これはなかなかいいポイント(笑)

S660

個人的にビートっぽいところがチラチラと見え隠れしていいと思っている部分。

試乗して、思っていた以上にスポーツドライビングを考えた
軽のスーパーカーといった印象が強くなりました。

軽の枠内でやれる事は全部やったというような感じで、
勿論至らない部分もあるけど、それを差し引いてもいいクルマだと思います。

乗ってて楽しい!

いや、ホント正直それ以外に何も要らないと思うんですよ(笑)
速く走るとかじゃなくてホントに。

まず第一にクルマを走らせる楽しさがよく分る車なんだと。

あと、ちょっと安心したのは、まだ体にMT操作の感覚が残っていた事で、
乗ってるときは何も感じませんでしたが、今となっては驚きです(笑)

試乗させてもらったディーラー様、ありがとうございました!


スポンサーサイト
車関連 | コメント:0 | トラックバック:0 |

友人とドライブへ。 大阪で唯一の煉瓦製車道用隧道「千早洞」の訪問など

昨日、学プラの方々と阪堺の祭りに行ってました。

P6060126_mini.jpg

はい、これで昨日の話おしまい()

本題です。
今日、中学、高校の友人3と、計4人でドライブに行ってきました。
やっぱり休日にドライブ行くと気分が少し晴れますね。
今日は曇りだったのでちょっと残念。

P6070129_mini.jpg

で、まず自宅近所にある、廃隧道、千早洞の千早赤阪側へと向かいました。
千早洞は大正6年に開通した隧道。
関西の廃隧道の中では、凄くメジャーなやつです(笑)

最新の訪問記を探しても、2013年ぐらいまでしか見つからなかったので、
今はどうなってるのか、見に行ってみました。

場所は先人様の記述などを調べたら簡単に出てきますので、そちらを参照で(笑)
そして、事前情報で得ていた道路の廃れ具合よりも、今回の方が悪化してます(^^;

P6070130_convert_20150607184935.jpg

見えてきました!

P6070132_convert_20150607185020.jpg

じゃーん!

5年ほど前に先人様の書かれていた訪問記を読ませてもらうと、
倒木とかがなくて、写真の立ち位置からでも坑口全体が見えていたのですが、
2013年に訪問された先人様のブログにはこの写真のような状態になってました。

でもなんか余計に酷くなっている気がします(隧道直前とか)

P6070133_convert_20150607185107.jpg

一応貫通はしてるんですが、鉄格子で中には入れません。
反対側は河内長野側で、その坑口のある辺りは工場が建っていて驚きます。

今日は行きませんでしたが()

P6070136_convert_20150607185426.jpg

石積みとコンクリート補修とコンクリートブロックの夢の競演です()

P6070137_convert_20150607191432.jpg

坑口の右側には、少しひびが入っていました。

P6070139_convert_20150607191511.jpg

贅沢にも、今の隧道ではめったにお目にかかれない楯状迫石、帯石、笠石、ピラスター、
イギリス積みされた煉瓦製の胸壁といった坑口の構造物を一度に見上げています(笑)

P6070140_convert_20150607191534.jpg

要石と扁額。
右側から書かれた「千早洞」の文字、特徴的な坑口が歴史を感じさせます。

今は新千早トンネルが開通しており、そちらがメインルートになっています。

この後千早洞を後にして、ご飯を食べた後、またドライブの続きへ。

P6070145_mini.jpg

駐車できるスペースがあったので、ちょっと休憩に歩いてました。

P6070150_convert_20150607192258.jpg

同じ場所近くで。

P6070153_mini.jpg

休憩した後、南河内グリーンロードを北進し、展望台へ。
午前中は晴れ間が見れたんですが、午後はずっと曇り空......。

PLの塔が写真に見れます。PL花火大会のとき人凄いんで、
そのとき走りに来るのはあんまりオススメしません。

この後、竹内峠・竹内街道を下って奈良県へ。
途中道を間違えて平石峠に行ってしまうとこでした。危ない危ない......。
平石峠は奈良県道・大阪府道704号竹内河南線という路線で、
車両通行不可の道なんです(^^;;
バイク等で走破されてる方がちょっと羨ましい。

P6070158_mini.jpg

何を思ったのか、突発的に葛城山に登る事に。
もちろんロープウェイです(笑)

P6070164_mini.jpg

ロープウェイの終点から奈良方面を。
山頂にも登り、大阪方面と奈良方面どちらも楽しみました。

帰りは水越峠か千早峠で金剛越えかで迷いましたが、金剛越えで河内長野へ。
水越峠は道路があんまり綺麗じゃないので走りたくないんですよ(^^;;

千早峠も奈良県側は1.5車線しか無かったりでかなり大変ですが(笑)
金剛トンネルを越えた辺りからの走りやすさは安心できる。

まぁそんな感じに、運転は1人でしてましたが楽しかったです。
喋り相手がいると面白さがかなり変わりますね。

またドライブ行こっと。


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |