河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

JR四国7200系

伊予鉄3000系を更新してから少し開いたのは、新しく改造を始めたから。
何ができるかは完成するまでの間、秘密です。
その間に放置して完成するのが遅くなりそうなら公開しますね。

はてさて、ちゅうおうに持ち込んだ2作品目、JR四国の7200系です。

7200系1

こんな感じになりました~。
スカートのグレー以外はすべてスプレー塗装です。

マスキングは面倒でしたが、劣化の早いシールよりも、
塗装の方がしっかりしてるし、塗装するのが大好きなので。

7200系2

先頭車と後尾車で、実車通り貫通幌の有無を再現してみました。
また、それに合わせて渡り板の状態も変えてみたり。

7200系3

先頭車の渡り板の裏側も、こんな風に再現してあります。
スカートは台車に接着したので筆塗りしたんですが、
先頭車はゴテゴテに、後尾車は下地が透けるほど薄塗になり、どっちも失敗。

まぁそんなこともあるさ。

7200系4

なかなか凝ってる後尾車です。
先頭車もですが、ライトパーツ以外はすべてプラ版から製作。
元の顔を取ってそこに貼るだけなので、それほど苦ではないです。

7200系5

貫通幌ですが、幌部分はグレー、車体部分は銀色にちゃんと塗り分けてます。
一見マスキング大変そうに見えますが、実は簡単です。

0.5ミリ幅に切ったマスキングテープを車体色のところに貼っただけ。
グレーは全体の塗装及び帯含めて、最後に塗りました。

ちなみにわかりにくいですがブラックマスクの部分と、帯色上部の
車体がブラックに塗られているところでは色味が少し違うので、
実車に合わせて艶消しブラックと普通のブラックとで塗り分けてます。

写真じゃあんまりよくわかりませんけど。

もちろん帯もスプレー塗装なのでマスキングしました。
車体色から塗るとマスキング面積は多いですけど、楽ですよ。
ちょつとした塗装マスキング簡略化の裏技です。

7200系6

屋根回りです。
ベンチレーターは台座部分が残されて撤去されている感じに見えたので、
それっぽく撤去して、プラ板で穴を埋めました。

パンタグラフはその辺にあった余りを。
多分L特急のパンタグラフです。
我が家ではあまりまくってる良いストック。

こんな感じです。実はマスキング失敗して慌てて塗りなおしたために、
周囲と色味が全然違うくなってしまった部分があります。
この記事にもチラッと写ってますので、簡単なお遊びと思って探してみてね。

製作記はこちらになります。


スポンサーサイト
プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |

伊予鉄3000系

水曜日ですが、箕面スパーガーデン行ってきました。
ファミコンのドクターマリオで対決したのが面白かったです。

で、ちゅうおうの記事でも書きましたが、伊予鉄3000系完成しました。

伊予鉄3000 1

京王3000系って地味に好きな形式で、
個人的に一番先に思い浮かぶ京王の車両です。

クーラーなんかは妥協してますが、作ったのは伊予鉄に譲渡された3000系。
窓枠を頑張って張り付けていた去年の4月が懐かしい。

伊予鉄3000 2

地味に頑張った側面ですが、結構凹凸の処理が適当です。
サフ吹くまでこの辺はわからないので辛いところ。

今回はサフ吹いたのが出発二日前なので、修正なし。
といっても、毎回サフ吹いたら塗装って気持ちなので修正してませんが...。

窓枠はグレー塗ってますが、車体色とほとんど同化してますな。

伊予鉄3000 3

お気に入りの顔面。
プラ板で作って真っ白だったときはよくわかりませんでしたが、
こうやって色を塗るととってもいい感じになりました。

個人的に一番頑張ってるのは窓枠の四隅が内側外側共に丸まってる事。
プラ棒で枠を作るのは楽なんですけど、こういう丸みを付けると苦労しますね。

あと前面でいうと、私にしては珍しいシールを使用してます。
やっぱり方向幕は入れないとこの車両は映えません(^^

伊予鉄3000 4

伊予鉄の3000系の特徴で、モハだけでなくクハにもパンタグラフが載ってます。
このシンパはななつ星作るときに余ったEF510から拝借。

しばらくシングルアームパンタの在庫には困りません。
まぁパンタグラフを取られたEF510のどうしようもない車体は残りますが...。

あと、地味に屋根が赤色になってるのは、経年劣化で汚れが
出ている感じを再現しただけで、決して暗くて適当にグレーのスプレー吹いた結果
まぁいっかって感じで妥協したとかそういうわけでないので気にしないでください。

気温が高くても夕暮れに塗装するとよくこうなります。


まぁざっとこんな感じでしょうか。

改造途中の記録などはこちら。
その1その2その3その4
その5その6その7その8
その9(この記事)→完成

ざっと記事を追っていくと、この車両去年の春に改造始めてたんですね。
最近は1か月で2両が完成したってのに...。

まぁいいや、では次回の更新まで。


プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |

第11回プラレールひろばinちゅうおう

今月の11日に設営、12日~14日に公開が行われた、
第11回プラレールひろばinちゅうおうに、14日にスタッフ参加してきましたので、
大まかな文章と自分の改造車中心の数少ない写真から、簡単なレポートを。

自分の車で島田まで行ったんですが、
遠足前日の小学生状態になり、一睡もできてない状態で出撃。

3時半から支度して4時に出発。
途中で青ガマさんとほくとくんを拾ってから、こだまさん&西電さんと
待ち合わせしている刈谷PAへ向かいました。

刈谷で合流してから浜松でさらに大阪を遅れて出発した狂夜さんとも合流。
関西勢は車3台でちゅうおうへ。

なんやかんや9時頃に島田に到着しまして、眠たいながら
久々に会う皆さんとの会話や、スタッフとしての活動をしまして、
無事に閉幕いたしました。

詳しいレポートは最近できた関西勢全体の活動ブログ、ハジケレポート!とか、
ひろしさんのブログで公開されると思いますのでお楽しみに。

1

で、今回持ち込んだ新作その1、伊予鉄3000系(真ん中)です。
元々完成させる予定ではなかったんですが、取り付けてない部品があるだけで、
ほぼ完成状態だったので、急遽完成させて持っていくことに。

右側はぺこりさんの岳南鉄道、左側はやはさんの弘南鉄道の車両。
詳しい形式までは調べてないのでよくわかりません(申し訳ない)

時間をかけた前面とか側面に比べると、突発で取り付けた
屋根の肩部分のビードとシングルアームパンタがかなり雑になりました。
パッと見あんまり気にならないと思いたいので、これで完成です。

2

2つ目は、最初から11回のちゅうおうのために作っていたJR四国7200系(右側)。
スカートやシール部分以外すべてスプレー塗装なので、帯まで塗装です。

MATSUさんの製作された1000形と並べて四国並び(^^♪

今回持ち込んだ新作については、また後日詳しく紹介しますので
今はこんなぐらいの紹介で許してしてください。

3

で、持ち込んだ車両3つ目は、和風列車「みやび」号(左から2つ目)。

左のサロンエクスプレス東京は青流さんの作品、
右側のスーパーエクスプレスレインボーとわくわく団らんはTKRさんの作品。

みやびはもう7年も前の作品なので、最近箱から出すことすらしていませんでしたが、
JTを持ち込まれる方がいると知ったので、並べさせてもらおうと思って持ちこみ。

時間が空いたら作ってない2両を追加してフル編成にしたいところですが、
この作品自体に実車と違う点が結構あるのでそれをどうにかしたいですね。

同じ時期完成したキハ52も新しく作り直してるし、これも作り直したい欲が...。

そんなこんなで、1年ぶりの開催となったちゅうおう。
1日だけの参加でしたが、久しぶりに思いっきりプラレールを楽しめたと思います。
改めまして、参加された皆様お疲れさまでした。

さて、このやる気が続いているうちにプラレ改造を進めなければ...。

プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |

四国7200系製作 その1

どもども。
ようやく月一更新の感覚が戻って来った感じです。

近く島田で毎年のごとくプラレールひろばinちゅうおうがありますので、
参加させていただくにあたって、なんとなく新作を作っています。

まぁ全然静岡県と関係なくって申し訳ないんですが...。

7200

というわけで、表題の通り、JR四国の7200系を作っていきます。
種車がきちっとある状態で車両を作るのは久々な感じがしますね...。

まぁフルスクラッチも最近は進めてないので何やっても久々な感じですが(
とりあえず1.2ミリプラ板に絵を描いていきます。

顔自体はプラ版からのスクラッチですけど、こんなに分厚いプラ板を使って、
なおかつ穴まであけるというのは実は初めて(?)ですので、少々不安。

いつもは0.5ミリとか0.3ミリで作業がしやすいのですが、分厚いと苦労ばかり...。

7200

とりあえずほくと君の家で顔の基礎を作りました。
この後また数週間放置されたのち、またほくと君の家で後尾車用の顔を製作。

自宅ではなぜかやる気が起きないので、
最近の改造はだいたいほくと君の家で進めた作業です。

結局1.2ミリプラ板は加工がやりにくいので、
今後も使用には強度が必要なときとか、穴を開けなくていい時とか、
そういう制限をかけながら使っていくことになりそうです。

正直なところ、2枚8か所もこの厚さに穴をあけるのはしんどかった。

で、昨日今日と、本当の久々に自宅で改造のやる気が
出ていましたので、ちょこちょこと作業してました。

7200

今はこんな感じです。
最近はTwitterなんかを見てると、リアル化傾向にあるみたいなので、
先頭車、後尾車ともに顔をリアル化してみました。

厳密にはどこまでやるとリアル化なのかよくわかってないので、
自分流でこんな感じかなぁ~っと実車の写真を眺めつつ...。

7200

正面から見るとこんな感じです。
幌の製作がなかなかうまくいってご満悦です。自画自賛。

なんか幌の上ってミッ●ーマウスの耳みたいな丸い奴が
付いてるみたいなんですけど、なんとなくつけてみたらいい感じで。

そこから勢いで貫通扉のモールドとか渡り板の裏側とか
ステップを前に張り出してつけてみたり全面窓下の手すりつけたり。

小物類ってプラレールだと厳密に同じものを作らなくても
それっぽくなるので取り付けてて楽しくなります。

ちなみに貫通幌はちゃんと左側のように貫通扉のモールドを作った後、
その上に取り付けたので、取り付けの根元(扉の枠)は角が、
幌部分は丸みがでて実車同様に近い感じになりました。

あと、この写真では見えませんけど、左側の顔の渡り板裏側も、
右側同様にモールドを再現しています。
見えないですけど、やる方が強度が上がるので、損はありません。

7200

屋根から車体を見るとこんな感じ。

実車はベンチレータが撤去されているんですが、実車の写真を見ると
取り付け台座は残っているように見えたので、こんな感じに撤去しました。

屋根はなかなかネットで写真を見つけられませんでしたが、
ふと自分の写真フォルダを見たら見事撮影していたので、
過去の自分に圧倒的感謝。

まぁ確証はないんですけどね。

とりあえず今はベンチレータ撤去跡の穴埋めと、パンタグラフを
取り付けるために一部のビードを撤去しています。

あとはライトの追加と、スカートの製作ぐらいでしょうか。
車体に手を入れると面倒くさそうなので、今回は車体加工無しです。
プラレの211系だってこのまんまなんだから問題はないです。プラレ的に。

クーラーの片側埋めたほうがいいのかな...。悩む。

まぁそんな感じです。
久々にここまで力入れてプラレ改造してるような...?


プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |