08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

485系 金サワ V編成 はくたか(新規金型) 

数年前に改造した旧金型の485系V編成はくたか。

古くなったし、ほくとくんから「でもなぁ~旧金型やねんよなぁ~」と
言われたので、新規金型で再製作してみました。

旧金型の紹介はこちら

第12回ちゅうおうでは、ほくとくんが北越急行の681系と683系を。
山田弘が新規金型で製作したJR東日本のR編成の持ち込みを予定しており、
それに合わせて私もJR西日本の485系を持ち込むことで合意し製作となりました。

はくたか

再製作にあたっては、旧金型の5両編成から、実車通りの8両編成に。
また、前作のイメージのまま新規金型へコンバートするような感じを目指し、
塗料は旧金型とほぼ同じような色を使用してみました。

はくたか

動力車の1号車クロ481-2300です。

ステップを薄くした以外は特に何も加工をしてません。
マスキングミスってるのは気にしないでください。

はくたか

2号車モハ484と3号車モハ485。

8両編成のうちモハ485は3両が必要なのですが、中間車の屋根を全部削って
余ったクハからクーラーをもぎ取って装着する方法だと、無限に381系を作らないと
いけなくなるので、私は後尾車または先頭車をニコイチする方法で製作しました。

はくたか

写真がこれしかなかったのでちょっと判りづらいですが、こんな感じで作ってます。
この方法で作ると、無限に中間車とクーラーを余らせることができます。

はくたか

編成のアクセントとなる、4号車モハ484と5号車モハ485。

はくたか用V編成では、このユニットに車掌室が付いたモハ484-600番台、
もしくは1000番台のユニットが挟まってます。

車掌室再現再現のためにモハ484のドア横の客室窓を車掌室に。

はくたか

6号車と7号車のユニットは2号車3号車のユニットと同じなので割愛して、
8号車のクハ481-300です。

これも先頭車同様にステップ薄くして塗り替えただけ。
大したことしてないです。

やっぱり8両あるうちの3両だけが重加工だと、まだ楽でいいですね。
583系はさすがに骨が折れたので、すごく楽に感じました(笑)

しばらくは485系だけでブログ更新が飽きなさそうです。

ではまた次回。

スポンサーサイト

プロフィール

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

ブログパーツ

天気予報

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

最新トラックバック