河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

485系しらさぎ製作記その1

ついに本格的に始まったこの車両の製作!
第一回目はクモハ485-200のお顔ですw

前回ご紹介した時は、まだ本格的に製作はしていませんでした。

クモハ183系の顔

クモハ485は、2両製作することに。
何故2両製作することになったのかというと、「はくたか色」を作っても、
予定していた「しらさぎ」編成の両数と同じ数だけ同じ車両が余る事が判明。
ここで、何を思ったのかその余り編成を
クモハの部分以外国鉄色で統一したのが始まりでした。
という事で、しらさぎは、通称「あおさぎ」と呼ばれるY編成と、
国鉄色のK編成(実在していたか不明ですが、両端貫通型)の製作をする事に。

修正前と比較

とりあえず、写真左の物から少し修正を加え、右の設計図(と言っても超簡易)を製作。
↓書き直してもバランス悪いですね・・・。字が汚いのは気にしないで下さいw

クモハ485-200 顔面設計図

左が修正前、右が修正後の設計図(?)です。
修正は、真ん中の窓が少し縦に小さくなったのと、貫通扉の大きさ等です。

485-200修正版全体

最終的にこんな事になりました。
スカートは、種車にあさまのマグネット車を使っているのでこれ以上大きく出来ません。
とまぁ、しらさぎのY編成がパノラマ車とクモハ、K編成はクモハを加工するだけなのでw
しらさぎの加工はとりあえずここで止まってますw
スポンサーサイト

プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<キハ○○形製作記 | ホーム | 北陸旅行!!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |