河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

緑の客車を作る その1

やっと始めれるだけ加工が出来ましたw
緑の客車、初回です。

あ、ちなみにキハは一両をのこし完成しました。
スカ色のアイツは塗装に少し失敗・・・。
夜もベランダに放置する予定です。雨が降らない事を祈ります・・・。

それと、オヤ35形事業用車ですが、茶色から改造してる方を
パテ盛り出来る所まで進めちゃいましたw
写真は一応撮ってあるので大丈夫ですが、写真多めになると思います。
青から改造してる方はマーキングから全く進んでませんw

で、事業用車には魔力があるようで、ちょっと惹かれる車両が・・・w
種車が揃ってロクレンジャーと同時進行出来る様ならば近いうちに作りますw
って言ってますが、側面の加工が結構面倒な車両なんですよね・・・。

では本題へ戻します。
緑の客車その1です!

サハ改造前

改造前のスハ43形客車。
こいつがサハ48形になるわけです。

では加工へ参りましょう。
実車は、ドア部分の窓が国鉄型とは違い、縦に長くなってます。
なので窓を下に広げていったんですが・・・。

ドア窓を下に大きくなるように削る

やらかしました、削りすぎましたwww
とりあえず加工が面倒なので←

ドアの凹凸埋めの為にプラ板を切り出し

プラ板を切り出して上から貼り付ける事に。
まぁどうせパテでドアの凸凹を埋めるかプラ板で塞ぐかを考えていたので
あんまり苦にはならないです。
ちなみに、この車両の加工、ドア部分と屋根と塗装だけですw

とりあえず貼り付けてみる

貼り付けました。
窓の形が微妙ですが、それは置いときましょう←

ドアの加工はほぼ終了

ドア部分の加工がほぼ終了です。
後は等級とかを表示する等級表示機みたいなのを取り付けるとドアの加工が終了します。

この時点で40%完成してるという罠w

今回はここまでです。(短いですねw)

ではまた次の更新まで?。
スポンサーサイト

プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「MSN-00100 百式」と改造途中の車両 | ホーム | 225系現る。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |