河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

ある日の暮れのことである。

ひとりの下人が、何かを考えながら羅生門の下で雨止みを待っていた。

私は、ある事を考えながら国鉄幻想郷鉄道管理局の玄関で雨止みを待っていた。
「この幻想郷鉄道管理局で足りていないものが何かあるはず・・・。」
私はそんな独り言を最近は毎日の様に口にしていた。
下を向きながらため息をつくと、ごく偶に社員が、「大丈夫ですか?」と聞いてくる。が、
私はその事を誰にも打ち明けず、一人考え続けていた。そこが羅生門である。

そんな時、私は藍と共に、特急も数多く幻想入りしてきた幻想郷駅のホームで、
新設特急「白山」(国鉄色:489系)の乗客のおじさんとその孫を見つけた。
その二人の他愛も無い会話を聞いていると、おじさんの方からこんな言葉が聞こえた。

お「昔は特急のほかにも、『準急』とか、『急行』とかも走ってたんやで?。」
ま「そうなん!?」
お「そうや。昔はおじいちゃんも周遊券とか使って『急行』よく乗ってたわ?。
  そこでな、おばあちゃんと初めてあったんやで?。それからな・・・・?。」

私「・・・・・・(足りないものはきっとこれだ)!」
藍「美影さん、何か思いついたんですか?」
私「うん・・・!やっと足りないものが分かったよ!!」
藍「よかったですね!!ところで、河城車両から車両代金の請求が・・・。」
私「あ、それは適当にボーダー商事にでも回して対処しよう!」
藍「ですね!金隠しは紫さまの得意技ですから(笑)」

そう、足りなかったものとは種別である!
この幻想郷鉄道管理局にはまだ『急行』と『準急』がないのだ!

その次の日、幻想郷鉄道管理局からとある事が発表された。



『急 行』の新設とそれに伴う変更点等について

当鉄道局では、新種別として「急行」を設立いたします。
使用車種は新たに「153系・165系・475系」を新造する事となっております。
また、各方面への乗り継ぎに考慮したダイヤ、停車駅などで、更なる利便性を図ります。
更に、「周遊券」を利用されると、「急行」の自由席にご乗車いただけます。
これからもどうぞ幻想郷鉄道管理局をご利用ください。




藍「これで周遊券も使い放題ですよ!周遊券をお持ちの方は幻想郷までレッツGO!」
私「ただし、使えるのはあくまでも国鉄の周遊券だけですよ?。」

そしてあるところにも悩みを抱える人が・・・。

紫「何故こんなに請求書が?!」
橙「紫さまがまた無駄遣いしてるからじゃないんですか?(いやはや)」

遠野鉄道物語 幻鉄ほのぼの物語 つづく・・・(のか?)。

すいません(汗)
また北陸旅行ほったらかしました(爆)
実はまだ写真が圧縮仕切れてないんです・・・。
本当にすみません!
圧縮が済み次第、うpしていく予定ですのでしばしお待ちを?!

映「そんな奴は有罪だぁ!!!」
私「どうかお許しを?!閻魔さまぁああああ!!」
藍「わ?!!美影さぁあああん!」
紫「罪とは悲しいものね。」
橙「何言ってるんですか、紫さま・・・って藍さまぁぁぁぁ!?!?」


こうして幻想の夜は更けていく・・・。
スポンサーサイト

架空鉄道関係 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<帰ってまいりました。 | ホーム | 衝動買いとおまけ(?)>>

コメント

何か同じ匂いがすると思ったらやはり藍様でしたか!!

僕はブログの小説で八雲博を名乗っています。しかも藍様の式として←

ちなみに八雲幻想物語(笑)




期待しますね←
2010-08-02 Mon 16:53 | URL | アツミン [ 編集 ]
八雲 藍は俺のよm(ry
まさかお二人目の式神とは・・・!
藍さまも二人前に成長してしまった!(?)

実はブログ開設当初からずっと幻想郷の物語は書いてましたw
(Central Stationさんのリンクページの当ブログ紹介文はその名残です)
今は途中でネタ切れになったりしたので一度公開を取り止めています。
もう一回公開しなおそうかなぁ・・・。

あ、この記事の続きはあまり期待しないでくださいね(汗
2010-08-02 Mon 23:00 | URL | 鞘凪美影 [ 編集 ]
あ、ごめんなさい、紹介文編集したの私ですwwww

いっそこのノリでプラレールの東方痛電なんてのも(爆)
あーもう、幻想入りしたい! →そして断罪さr(ry
2010-08-03 Tue 00:13 | URL | 雅 [ 編集 ]
紹介文は特に問題はありませんよ~w

痛電とはまた珍しいジャンルを・・・w
考えておきますw

三時のおやつ禁止三年ですか?w それとも三百グラムずt(ry
2010-08-04 Wed 14:09 | URL | 鞘凪美影 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |