河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

初の魔改造

テストがすぐそこまで迫ってるのでなかなか更新できません・・・。

そういえば、青ガマさんが「吹田工場一般公開の日にプチオフ出来るのでは。」
とツイッターでつぶやいておられましたが、どうなるんでしょうかね。
もしプチオフをすることになったら勿論参加ですw


さて、DD51を魔改造中にとあることに気がついて、動画を撮ってみました。



ええ、YutteiさんのEF66に対抗

実はこれ電圧を上げる改造もモーターを交換する改造もしてません。

ただ、動画を見て分かるところは電池の位置スイッチの周辺が怪しいぐらい。

ではネタバラし行きましょうwww

この車両ですが、南海ED5101形電気機関車に改造しているものです。

奥がこの前買ったタイ製のDD51。手前が魔改造されたDD51。

タイ製の既製品と魔改造DD51

まだカバーは少し改造しただけなので、外観は特に魔改造してません。

問題は中身。

↓↓↓



カバーを外すと、そこは魔改造の世界(爆)

カバーを外すと魔改造

もはや意味不明な動力配置www
線は全てハンダ付けではなく、線を金具に巻きつけてアミグラスメッシュテープで固定。
半田ごてよ・・・何処へ行ったんだ・・・。

中央に集まった重量機器

動力機器などは全部車両のセンターに来るように配置換え。

ギヤの固定用に既製品のモーターユニットを改造したものを使用。
このとき、ギヤ比を変更した為にあんな速さになったわけです。
コレじゃ入れ替えが出来ないよ?

とりあえず、落成したら臨時的にたから号の運用についてもらいましょうw

スイッチは右側だけ瞬間接着剤で固定。
十分な強度が得られているので多分大丈夫です。

電池が飛び出している

飛び出る部分を切り取って対処しました。

ここまで中央にユニットを集中させたのには訳がありまして、
南海のED5101を作るにあたり、製品のユニットでは独特の形状の再現が不可能と判断。
なのでギヤユニットを除くほぼ全ての部分を自作するという魔改造にいたったわけです。

そして数々の紆余曲折を経て、現在のへんてこりんな姿となったのですw

速さはDD51の中で一番

普通のデジカメだと追いきれませんwww

スポンサーサイト
プラレール | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<10月14日は鉄道の日! | ホーム | プラレ貨物大戦その4>>

コメント

吹田、皆さん行かれるんですね。
僕も午前中だけ参戦予定です…


しかし、ここまで中身をいじるとは(^^;
次は500系に同様の改造ですよねw
2010-10-09 Sat 23:39 | URL | ユッキー [ 編集 ]
!?

この発想はなかったww
私はいままでモーター改装しかしたことないものですから・・・。

吹田工場一般公開ぜひ鞘凪とユッキーさんにお会いしたいです♪
2010-10-10 Sun 17:21 | URL | 青ガマ [ 編集 ]
吹田の公開・・・
行きたいんですけど、受験がwww

えぇっと・・・
低スペックなPCなので、動画が見れないので、
URLを教えてほしいです。
2010-10-11 Mon 22:40 | URL | 福遠 [ 編集 ]
受験対策お疲れ様です。
少しの間でもお会いできたら・・・なんて思ってますw

本当は単5電池にして小型化しようと思ったんですが、単5は高いし、単4が余ってるのでこんなことに・・・w
500系だとスペース的に難しいので、電圧UPとモーター交換ぐらいですかね・・・。
2010-10-14 Thu 13:51 | URL | 鞘凪美影 [ 編集 ]
モーターを低い場所に配置したので、ギヤを一個取っ払いましたw
ただ、クラッチ機能が失われたので手ころがしが不可能になりましたが・・・。

そのときにまた貨物大戦の話でもwww
2010-10-14 Thu 13:55 | URL | 鞘凪美影 [ 編集 ]
静岡からだと結構遠いような・・・w
受験勉強頑張ってください!!

了解しました~↓
http://video.fc2.com/content/20101009JWLvGVu0/
2010-10-14 Thu 13:58 | URL | 鞘凪美影 [ 編集 ]
速い!!

高速化ユニットは66から400系に移しましたw

2010-10-14 Thu 22:31 | URL | Yuttei [ 編集 ]
速いことは速いんですが、その代わりにトルクが落ちてるような気がして・・・www

そのミニ新幹線怖いwww
2010-10-16 Sat 18:01 | URL | 鞘凪美影 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |