碓氷峠などで長らく特急として走っていた白山号のご紹介です!

はくさん

実車は昭和47年、1972年3月15日に誕生した首都圏と北陸圏を結ぶ特急の一つです。
特徴としては、横川・軽井沢間の碓氷峠で、横川側にEF63を2両連結し、
急勾配で難所とされた碓氷峠を越えていました。

はくさん

プラレールでもEF63との連結に対応できるようにしました。
と言っても、あさまの台車をそのままコンバートしただけなんですがね・・・w
なので後尾車と中間車、先頭車とでスカート以外の色が微妙に違います。

はくさん

489系白山の方は、パンタ無し中間車を製作しただけで、後は何もいじってません。
パンタ無し中間車の制作方法はこちらで詳しく紹介しています。

はくさん

機関車は全くと言っていいほどいじってません。

塗り替えも何もしてないので、加工箇所がほとんど無くて紹介できるとこがないです(汗
スポンサーサイト

鍋谷峠へ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)