09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

未だ見ぬ新たな大地へ 

最近記事書いてるとブラウザが固まることが悩ませてくれちゃってます><

改めてどうも、ブログを更新しないブロガーことかいなんです(爆)

さてさて、通勤車大戦が始まってから少々時間が経ちましたね。
私のところは全然通勤車がいないので、未だに本格的に参加するか決めてません(笑)

だって機関車が放置状態で家に積まれてるんだもん←

数えただけで約35両ぐらいの1両シリーズの改造を放置してます(^^;
それに加えて編成シリーズの放置車両もある・・・。
どーしましょ(汗

さてさて、今回のお話は通勤車大戦と、久々になりつつある乗り入れ計画のお話です。
こだまさんの最新記事と、福遠さんのちょっと前の記事を関連付けてるはず・・・(

けっこう書いてる内容が意味不明になってきてます(笑)





ある日、おじいさんとおばあさんが山へ芝刈りと川へ洗濯に行きました。

私「う~ん・・・足りない」
あまりの通勤型車両の少なさから、私は日々悩み続けていた。
それはつい先日のことだった

~数日前~
私「1回ウチにおいてある通勤車全部数えてみよう」
藍「あ、それいいですね!早速準備準備~♪」

私は車両科の人たちにお願いして幻鉄の通勤車全てを並べてもらうことにした。

我が家の通勤車

205系4両編成が2本、3両編成1本、201系3両編成1本、
それと101系3両編成2本、103系3両編成5本。

私「全部集めてもコレだけかぁ・・・」
少ない。明らかに少ない。
他の会社はもっとたくさん通勤車を持っているところが多いだろう。

「ガタンガンタン...」
205系

いつの間にやら集まっていた車両がどこかへ走り去っていた。
お伊勢支社直通の205系4両編成。種車の関係から去年より4両に減車されている。

私「海鳴支社と東方支社の方はどれだけあるんだろう・・・?」
このとき、私の中には八雲鉄道の支社間で直通する普通列車で
足りていない支社の車両数をカバーするという考えが浮かんでいた。
しかし、実質問題も多い。

そういえば近郊型の車両はいくつあるのだろうか。それで普通運用をカバーしたいところだ。

キハ52

最近は守矢線の運用に入らず幻海線の臨時区間快速の運用に入るキハ52。
幻鉄内では、近々新たなキハ52が一両やって来るとか来ないとか。

キハ52&キハ33

守矢線と幻海線とは幻想郷駅手前でオーバークロスする。
ホーム有効長が長いので、幻海線と守矢線は同じホームを利用している。

守矢線にはトイレが無くて不評なキハ33の姿が見える←

キハ33

キハ33。主な運用区間は幻海線と守矢線だ。
駅にはトイレを備えている。なぜなら車両についてないから←

私「よく思えば近郊型車両気動車ばっかりだなぁ・・・。」
一応電車もあることにはあるのだが・・・。

藍「美影さん!そろそろ時間ですよ~!」
おっとお呼び出しだ、何だろう。

藍「もうそろそろ予定してた回送来ますよ♪」
私「あ、もうそんな時間か(笑)」

回送されてくるのは今度新しく予定している特急乗り入れのための車両。
私「そろそろ見える頃かな」

「ピーッ!」
キハ183

ホイッスルを鳴らしながらゆっくりと目の前を通過する回送列車。

幻鉄から海鳴支社を経由して蒼鉄まで走る新たな特急、オホーツク用車両キハ183だ。

これは、今まで海鳴支社止まりだったオホーツク・おおぞらを、
海鳴でおおぞらを切り離した後、オホーツク単独で幻鉄へと直通する列車に使用される。

幻鉄~北海道への直通列車は、これが初めてだ。

私「この直通が吉と出るか凶と出るか・・・」
そんなことを考えていると、向こうから誰かが走ってきた。



と思ったらこけた。大丈夫だろうか・・・。



私「・・・あ、よく見たら桜駅長とケルベロスさんだ」
桜駅長とは、みょんなことから幻想郷駅駅長を任される事になったよく分からない人(爆)
いつもケルベロスというぬいぐるみサイズの獣と一緒に行動している。

桜「美影さ~ん!」
私「はい、なんでしょう?」
なんだろう、結構慌てている様子だ。こけたのがそんなに痛かったんだろうか

桜「こ、これ見て!!」
私「ん?新聞・・・!!」
そこには「UR総司令の福遠氏 辞任」という文字と共に、見覚えのある名前が見て取れた。
新聞の記事が数日遅れるのは
ここじゃ当たり前なので、きっと一週間前かそこらの話だろう。

私「渚カヲル・・・。」

ケ「そいつはつい2年前にウチでオーバーランやらかしおったヤツやなぁ。
  あん時はそーとー新米やったらしいけど、今はUR中におったみたいやで。」
私「いやちょっと待ってくれへん?なんでコイツUR指令なん!?おかしいやん!!」
ケルベロスさんと話す時はいつも大阪弁がでて・・・って今はそんなこと関係ない。
明らかにおかしい。この男、裏に何かとんでもないものがあるのではないだろうか。

私「でもウチがそんなこと調べる訳にはいかないし・・・。」
藍「何か調べるんですか?」
私「い、いやなんでもないよ。はは...(苦笑)」

この先どうなってしまうのか、未だに謎は深まるばかり・・・




MATSUさんごめんなさい!勝手にオホーツクの運行区間伸ばしちゃいました(汗)

ではでは今回はこの辺で・・・ノシノシ

スポンサーサイト

« 頂いた車両  |  さて、どうしたものか・・・ »

この記事に対するコメント

No title

おー!
意外な形で幻鉄との乗り入れが完了しました!

ありがとうございます!
ということは、オホーツクの車内アナウンスは、「この列車は、特急オホーツク、海鳴経由、幻鉄行きです」になるわけですね。

なぜでしょう、オホーツクがだんだん行き先的にオホーツクっぽくなくなっているwww

実際にそちらまでキハ183で特急走らせたら、どんだけ輸送効率悪いんでしょうねwww

MATSU #- | URL | 2011/06/13 21:28 * edit *

MATSUさん

こちらもオホーツク買ったときから「やっと直通できるぞー!」って気持ちでいっぱいですwww

そのうちおおぞらもなんとかする予定なんで、最終的には6両での直通を考えてますw

大阪までディーゼル車・・・いつの時代ならありえるだろうw

かいなん #s6beKGts | URL | 2011/06/18 01:17 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sayanagimikage.blog66.fc2.com/tb.php/232-158bfd47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

ブログパーツ

天気予報

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

最新トラックバック