みなさんどうも、鞘にゃんことかいなんです(笑)←
鞘にゃん結構気に入ってるにゃんておっきい声でいえにゃいよう...///


最近めっきり暑くなってきましたね(^^;

汗っかきな私は体育の後汗で体がえらい事になってます(笑)

にしても今年の夏は夏らしく夏らしいことしたいですw
たとえば海で海水浴とか、風が木々を揺らす音に耳を澄ませながら森林浴するとか。

学プラ海水浴オフとか誰かやら無いんでしょうか

はいそろそろ本題いきましょうw

今回もURを取り巻く大きなストーリーの一つでございます(たぶん)。
本日は画像無しでお送りします~。

ケロちゃーーーーん、チェーーック!!!(何)




「今のURはあんまり長居したいと感じませんねぇ・・・」

私が突拍子も無く変なことを言う。


青ガマさん(以下:青)「まぁ私は結果が聞けたんでそれでいいかな。っと」
なるほど。確かに間違っていない答えだ。

私「ところで、青ガマさんは今からどちらへ?」
青「私はまだ行き先は決めてないですね。まぁ少しの間URで考えます。」
私「分かりました。」

私はこの後海鳴へ行きます。と言い、青ガマさんと別れ一人駅へと歩き始めた。

『まもなく1番のりばに海鳴行き各駅停車が入ります~ご注意ください~!』

私は一路、中央線を東へ向かった。

私「あー眠いなぁ・・・」
そう言った後、私はどうやら眠ってしまっていたらしく、
気がついたときには目の前に車掌さんの姿が見えた。

車掌「お客さん、終点ですよ」
私「ん・・・?あ、すみません(汗)」
急ぎで電車を降りて駅の改札口を出ると、そこには田や畑、山が一面に広がっていた。

私「ああ、こんなにも自然が広がってる...やっぱ来てよかった!!」
すると私は手をでこに日よけのようにして当てながら、近くの山々を見る。

私「お、あの山は居心地が良さそう♪」
そう言って私は山へ向かって歩き始めた。

コレが後に海鳴の皆さんへ迷惑をかけてしまう原因となろうとは知らずに←

さて、時間は私がURを出発した頃に戻る。

そのとき幻想郷地方鉄道部では・・・(ここから話の視点は木之本桜駅長へ)

『ヂリリリリリン............』



『ヂリリリリリン............』


ケ「なんや朝からすごい音やぁ...さくらー電話やで~...」
桜「分かってるよぉ。...ケロちゃんが出てくれたらいのに~。」

そういって私は電話の受話器をとる。どこからだろ?

桜「はい、こちらは幻想郷駅ですが?」
夜「あ、どうも。ウチは海鳴支社の夜神って言います。」

唐突の電話でびっくり!
なんでも、こっちに蒼鉄豊北駅のキクチ駅長さんがいらっしゃるそうな。

桜「はい。分かりました。それじゃあその件はこっちで何とかしますね。」

ガチャリ。

時刻は午後8時。
丁度オホーツクが海鳴を出発した頃かな?

ケ「ところで、ココそない紹介するような場所あれへんけど大丈夫なんか?」
桜「なんとかなるよ!」

幻想郷駅はまた忙しくなりそうです♪




だらだら書いてきましたけど結局内容はしょうも無いとw

ちなみに知らないところの山へ突撃は実際にやります(笑)
自然が大好きなんです。それも本当に典型的な自然が。
何時間でも居たくなるんですよ...その場所にw

はい、話が少しそれしましたw

あ、もう少しでテストなんで近いうちの更新は無いと思います~。

それではいつか分からない次の更新まで~(^^)ノシ

最後まで文章がgdgdなかいなんがお送りしましたwww

スポンサーサイト

なんていうんですかねぇ鬱ですかねぇ

夏の雨

comment iconコメント ( 4 )

キャー鞘にゃーん!!!w
はい、というわけで、今度はそちらにキクチ駅長がお邪魔いたします。

なんだか、あちこちの人に自分が作ったキャラを預け回すのは非常に申し訳ないこと極まりないです…。

名前: MATSU [Edit] 2011-06-25 18:12

キハー鞘にゃ~ん←

山はいいですよなぁ~
さぁ、一緒に山へ(ry

名前: 彩(ゐろどり) [Edit] 2011-06-27 01:46

MATSUさん

にゃ~ん!///←
なにか巻き込まれた感しますが了解ですw

いえいえ、私としてはいろんなキャラクターさんをかけるんで
小説とか書くときのいい経験になります♪
任せてみたら意外と「これいいかも」って設定もでますし(^^

名前: かいなん [Edit] 2011-06-28 23:07

彩さん

ふにゃにゃん♪///

ほんと山最高ですよwwww
いや~長野(笑)在住な私からすると長野県行ってみたいですw

名前: かいなん [Edit] 2011-06-28 23:09

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)