10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: --

夏は暑い。だがそれがいい。 

日本っていいですよね。

暑いときももあり、寒いときもある。

はたまた涼しくもありあったかいときもある。

日本はそういう美しい四季折々の姿が見れるのです。

なんとも素晴らしいとこと思いませんか。

さてさて、どうも。かいなんでございます。

最近私のお財布の中身が乏しいです(苦笑)

阪堺のモ161形就役80周年記念グッズを買おうと思ってるんですが、
お金が無くて買いに行けてません(泣)
※阪堺電気軌道はどこまで乗っても200円!つまり私のお財布の中身は・・・。

さて本題ですが、今回はOSです。

そろそろ書かないと置いてかれると思ったんで(^^;

キクチ駅長さまのお話なんですが、
これからどうなるのかまったく決めてません(汗)

どーしましょ・・・

あ、今回もお話はgdgdでお送りします←



「おはようございます。今日は7月3日、日曜日です。あと10分少々で・・・」

キハ183系は、幻想郷駅目指して走る。

ところ変わって、幻想郷駅。

「えーまもなくー4番のりばに、回送列車がまいります」

画像

EF66 901号機が24系客車10両を牽いて来た。

これは暁テクノスメンテック(以下、暁テクテク)から購入した車両だ。
これからの使い道は分かっていないが、おそらく保管が目的だろう。

「まもなく3番のりばに特急オホーツク10号、当駅どまりの電車が参ります」

画像

桜「あ、来た来た!」

特急オホーツク。
蒼鉄から、八雲鉄道管内の海鳴、幻想郷駅を結ぶ特急だ。

10往復あるうちの、5・6・9・10号の計2往復が幻想郷駅に乗り入れている。

9号、10号は幻想郷、とよきた駅の両駅を夕方に出発し、朝に到着する夜間列車である。

画像

キクチ(以下:キ)「ココが幻想郷駅か~・・・。」
そう言いながらキクチ駅長がオホーツクから降りた途端だった。

桜「幻想郷~幻想郷~ご乗車ありがとうございます~!」
キ「わぁ!?」
少しポカンとした様子でキクチ駅長は立っている。

その場がなんともいえない空気に包まれたとき

『ピーッ!ダダダダダダダダダダダダ....』

画像

EF15とEF58の重連貨物が通過した。

桜「改めまして!幻想郷駅の駅長、木之本桜です!」
ケ「わいは副駅長のケロベロスや。よろしくやで~」
キ「こちらこそ初めましてっ」
改めてあいさつをした後、キクチ駅長はふと、
屋根にぶら下がっている出発案内板を見てこういった。

キ「ここは海鳴よりも特急の出入りが多いですねぇ」
桜「はい!うちの売りは特急の本数の多さですから!」
ケ「まぁゆーてもそれが今なって逆効果やねんけどな」

すると、4番のりばの回送列車が、幻ヤク目指して出発していった。
フルノッチで加速していくらしく、車輪とレールのこすれる音が聞こえる

そして数分後。

画像

2番のりばに雷鳥がやってきた。
近々この雷鳥もとある理由で6両から5両へ減車される予定だ。
車両科の人間によると、O編成を作るときに国鉄中間車が必要らしい。
なのでこの雷鳥編成から半端なM車1両を抜き取る予定である。

画像

オホーツクと雷鳥が並ぶ姿が見れるのはココだけかも知れない←

雷鳥が到着した後、すぐにオホーツクは車庫へと引き返した。

画像

オホーツクが駅から離れてすぐ4番のりばに
オホーツクと同じ海鳴からやってきた白山がやってきた。

そして、オホーツクが幻ヤクへ戻ったかと思うと

画像

今度は3番のりばに長岡方面からの特急かがやきがやってきた。

画像

そして最後に残った1番のりばにほくほく線からやってきたはくたかが滑り込む。

485系の停車位置は全て同じなので横から見ると

画像

こんなことになる。
まさに私得←

キ「本当に特急がいっぱいだ・・・」
桜「まぁピークのときはこんな感じですが、それ以外の時間はあんまり列車こないんです(笑)」

もちろん、普通列車の本数が少ないためである←

桜「それでも、最近は海鳴支社さんから余ったキハ40系頂いて、
  八雲鉄道の支社管内同士で乗り入れして補ってもらってます」
キ「という事は車両基地に普通列車用の車両が置いてあることは・・・」
ケ「まずあれへんなぁ・・・」

そうしていると、2番のりばに列車が到着するとのアナウンスが流れる。

画像

やってきたのは臨時のHMを付けた485系だった。

キ「この列車は?」
桜「あ、今回の為に用意した列車です!」
木之本駅長が笑いながら言うと、キクチ駅長は納得したような表情で列車を見つめた。

なにか不明な点があるようだ。

画像

キクチ駅長と木之本駅長、ケロベロス副駅長と少しの一般旅客を乗せて、列車は走り出した。
そして走り始めてすぐに、キクチ駅長は気になっていたことを口にする。

キ「ところで、この列車ドコへ向かってるんでしょう?」
桜「今はまだ言えません。あえて言うならこの列車はミステリートレインのような列車です!」

やけに笑顔で木之本駅長がそういうと、キクチ駅長は
不安と期待をあわせたような顔をしながら車窓を見ていた。

一方、幻ヤクの特別車両留置線では・・・

画像

とある2つの車両がその日を待っていた。




いつもどおりgdgdな話となりましたw

小説は読めても書くのは下手なかいにゃんです←

ではでは次回の更新まで~ノシ

スポンサーサイト

« マグナムハリケーン  |  夏です。 »

この記事に対するコメント

待てまてまてまてまてまてまてまてまて
なにちゃっかり、TGVとユーロスター持ってるんですか?!
自分、その車両持ってないんですけど!!

ケロちゃんや桜のこともつっこみたいですけど
それ本当に効いてないですってエ¥qfb・

福遠 #iHXzzkB6 | URL | 2011/07/10 15:57 * edit *

福遠さん

いや、何で持ってるのかって言われても発売当時に買ってもらったとしか言いようが無いんですが(汗)

ほにゃにゃちわー!www
だって言って無いですもんw←

かいなん #s6beKGts | URL | 2011/07/10 20:18 * edit *

いやぁ、キクチ駅長を丸投げしてしまって誠に申し訳ないです(汗)

もしこの先書くのが面倒になったら、オホーツクで送り返していただいてもかまいませんのでwww

しかし、この自作の駅、かなりなクオリティですねぇ。
私も、まずは駅の支柱にホーム番号を入れるところから始めたいと思いますw

MATSU #- | URL | 2011/07/11 18:41 * edit *

MATSUさん

いえいえ(^^

内容が決まらないんで今回のお三方には別の話の脇役として活躍してもらおうと思ってますw

MATSUさんの豊北駅の方がすごいですよ(^^;
私のは発泡スチロールに棒立てて上に屋根乗せてるだけですからw

ホーム番号はダイソーさんで買ってきた厚紙の端に付いてた番号を切ってはっつけてます(^^)

かいなん #s6beKGts | URL | 2011/07/13 18:41 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sayanagimikage.blog66.fc2.com/tb.php/238-452aade9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

ブログパーツ

天気予報

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。