5日は、JR西日本の吹田工場が一般公開されるという事で、
見るものも少なくなったのにと思いながら出撃しました。

72レ

まずはこだまさんと02×60さんと合流し、小雨の中さくら夙川へ。
練習電はほとんどC電の直後で、満足に練習も出来ないまま挑んだ結果、
72レは画面右端にポールが写る始末。(画像はトリミング済み)



続行の8090レは未撮影機なので気を引き締めて迎撃。

8090レ

運用どおり、EF66-54号機がやってきてくれました。
パンタグラフあたりがごちゃごちゃしてますが、まずまずの出来。

この後、遅れている普電で新大阪にて西電さんを横目に見ながら東淀川へ。

73レ

73レは盛大に失敗しました。
ちょいとぶれてます。まだまだ未熟ですね。しかも菱形じゃん・・・(

改札の方に行くと、国鉄雷鳥さんが待っていました。
とりあえず合流した4人で吹田工場の方へ。
去年は結構並んでいたんですが、時間のためのか、すぐに入れました。

モハ52001

青ガマさんとO氏と合流した後、暁さん、ついで西電さんと合流。
とりあえず、去年中を見れてなかった流電の中へ。

流電から降りると、また3人ほど合流し、10人ほどの大所帯に・・・。

物品販売

その大所帯で物品販売のコーナーを見るだけ見てみることに。

物品販売

なかなか立派なものが置いてあります・・・。

すいた

中でも一番目を引いたのはこの489系の特急シンボルマークでしょうか。
おそらく、クハ489-3のシンボルマークと思われます。

その後、物品販売の再開と共にその場から退散、実車展示場所へ。

すいた

スッカスカなのが大変残念です・・・。
去年は結構特急とかのバリエーションも豊富で、華やかだったんですがね・・・。

すいた

少し進んだところにはクモヤと103が止まっていました。

車掌体験、特急運転席体験の横を通り抜け、マルタイの近くの
車両留置場所へ移動しました。私の今回の一番の楽しみです。

すいた

クハ489-503がこんなにも間近で見れるとは感激です!
少し触ったりもしました。ライト付近はごく一部色が剥げて白山色が見えました。

この1両だけの展示にもかかわらず、私のSDカードには
200枚ほどの489-503の画像が保存されました(笑)

このすぐ横で、数十分ほど職員さんに質問したりしていました。
貴重なお話が伺えてありがたく思います。

この後、昼食を食べに食堂のほうへお邪魔しました。
昼食どころの騒ぎではなく、もはや公園と化していましたがw

ちなみに、遊び半分(どころじゃない)で、新形式として
「オチャ」「ペト」「パナ」「ナポ」という4形式が誕生しました。
「ナポ」はO氏。残りの3つは私が命名(

ほとんどお遊び状態で、5087レを撮りに行く予定もオジャンに\(^o^)/

その後は流電を一枚撮ってから吹田機関区の方を様子見へ。

PB056475_convert_20111105225341.jpg

着いたときには係員の方がいて驚きましたが、普通に撮影は可能でした。
休車札の入ったEF66-32号機。

すいた

同じく休車札の入ったEF66-44号機。
44は未撮影だったのでいいともいえないですが記録になりました。

すいた

未だに吹田で放置を受けている27号機。手前は26号機です。

この後暁さんともう一方と別れ、環状線のHMつきを狙うことに。

かんじょー

森ノ宮でまず1度確認程度に撮影。
その後、福島まで移動して環状HM付きを迎撃。
このときに知人の方と別れ、7人ほどで移動となりました。

かにょー

小ぢんまりした感じになりました(笑)

次の内回りで西電さんが帰路に、次の外回りで我々も大阪撮影組と
帰宅組みに別れ、大阪で国鉄雷鳥さんと02×60さんとその付き人さんと。
鶴橋でこだまさん、天王寺で青ガマさん、O氏と別れ、帰路につきました。

本日出撃された皆様、お疲れ様でした。

スポンサーサイト

寝台特急「日本海」遂に廃止へ

南海電車まつり2011

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)