かつて東海道、山陽を駆け巡った大型蒸気機関車、C62 25号機の紹介です。

c62

実車は、昭和23年に岡山、名古屋、宮原などをめぐった後、
糸崎機関区に配属され、昭和43年に廃車となりました。

プラレールでは、昭和31年11月2日に、御召列車の先導列車だった
「つばめ号」牽引の際に、御召機関車と同等の装飾を施された仕様を作ってみました。

種車はC62 17号機東海博物館仕様です。

c62

塗装はすべてガンダムマーカーと油性ペンで行っています。

c62

C58とは違い、炭水車の色さしも行いました。

c62

個人的に頑張ったところです。
金色の色さしが行われてる部分が一番苦労しました。
ナンバーは機関車フォントを使用しペイントで製作、
エクセルに貼り付けて大量にシール用紙に印刷してやりました(

c62

頑張ったところその2です。
ガンダムマーカーの色を油性ペンで隠ぺいした後が丸見えですね(笑)

スポンサーサイト

113系3800番台 完成

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)