河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

最近の幻ヤク


最近何も動きが無かった幻ヤク。
しかし、最近(?)になってなにやら譲渡車両がやってきたとのこと。

早速整備線の方を覗いてみることにします。

あ

「全然聞いてなかったけど、いつの間にかEF81の銀釜が・・・」
実はかなり前から譲渡の話はあったのだが、色々あって
最近になってようやく譲渡が決定、ウチにやってきたというわけだ。

あ

冬場の連続運用で最近不調のスヌ31。

ちなみに、今まで蒸気機関車の整備は、海鳴支社の方に任せっきりだったが、
技師の指導などにより、今後は幻ヤクでも蒸気機関車の整備が可能になる。

義経号の動態復元には、中央駅の技師にも来てもらい、
2会社3支部間による協力で復活に望んだ。無事義経号は復活することが出来た。

あ

謎のパワーによって方転した義経号を、DD51が入れ替えを始めた。

あ

その後、EF81も留置線に戻り、車庫内からC62が出てきた。
どうやら、豪華な装飾を行っていたらしい。ヤンキーじゃん。

あ

そして、もう一つの車庫内では、整備を受けているEF66の姿があった。
それにしても、留置線が大きい割りに、整備線が小さくて不便そうである。

あ

幻ヤクからの帰りには、幻想郷駅に行く。
駅の近くでは、幻雷新幹線の工事現場が見えた。
3メートルほど出来上がったところみたいである。

まだまだ道のりは長いなぁ・・・。

スポンサーサイト

架空鉄道関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<テスト終わり | ホーム | 最近のプラレール行動まとめ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |