河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

サンドウィッチはパンよりも中の胡瓜が一番美味しい

ブログ名と記事タイトルには特に深い意味はありません(爆)

今日、朝早くからガールズ&パンツァーのアニメを、
1話から10.5話の全12話いっき見してました。
やっぱ戦車はカッコイイですねぇ!

個人的にお気に入りのシーンは、第6話、サンダース大付属高校との試合で、
M4シャーマン ファイアフライの58.3ミリ口径17ポンド砲発射時の轟音が響いた後、
アメリカ野砲隊が流れ出しM4シャーマンが列を成し、
横で転回、前進を開始するファイアフライが写るシーン。

個人的にM4シャーマンは好きな戦車です。
ただ、戦時中のシャーマンはドイツ軍に「ストーブ」と呼ばれるほど
被弾時に炎上しやすかったんです(ただし後期型とファイアフライ等を除く)

ファイアフライは、ティーガーキラーとして活躍しましたが、
装甲の厚さが75ミリと改造前そのままなので防御力低いんですよね。
シャーマンは全体的にティーガーにやられっぱなしだったんですが、
唯一優位に立てる点といえば高い生産性を備えていたことです。
シャーマン4両でティーガー1両を撃破する物量戦術を行っていました。

ちなみに、M4シャーマン ファイアフライはイギリスが魔改造した車両と
アニメで表示されてましたが、魔改造というよりもやるしかなかった感じなんです。
ティーガーは、元々88ミリ対飛行機用高射砲を主砲に取り付けたものなので
攻撃力は半端なく、最大装甲が100ミリと凄まじい防御力を誇ります。
それゆえに、ティーガーの主砲はシャーマン戦車を1台突き抜ける威力を持ち、
逆にシャーマン戦車の主砲である75ミリ6ポンド砲は50メートルの距離でも
ティーガーの装甲を貫通することが出来ないということが多々ありました。

そんな重戦車に、M4のような75ミリ6ポンド砲搭載の中戦車が勝てるわけが無いので、
イギリスとしては1.5キロ以上の距離からティーガーを撃破できる戦車が
欲しかったわけなんです。そこで出来たのがコメットとかブラックプリンスなのですが、
17ポンド砲じゃなかったり試作で終了となんともいえないものなのです。

イギリスは既存の戦車を改造することにし、数もあったシャーマンを利用します。
アメリカが作ったM4シャーマンは信頼性もあって砲塔リングに余裕もあったので、
これは丁度いいと主砲部分を17ポンド砲に改造したのがファイアフライの始まりです。
17ポンド砲で実際にティーガーを撃破した記録もあり、ドイツ軍からすると
脅威以外の何者でもないなので最優先に撃破するよう命令が出たりしました。

ただ、当時のAPDS弾は遠距離での命中精度が極端にクソッタレだったので
結局は1.5キロも離れてると弾があんまり当たらないという欠点を持ちます。
よって正確に当たる距離まで近づくのですが、装甲は改造前と変わらず75ミリなので、
優先的に攻撃されるファイアフライは操縦者もドイツ軍も恐怖でした。


他に好きなシーンといえば、プラウダ高校のカチューシャとノンナが
カチューシャを歌う場面。
あのシーンを見ると「Урааа!!」と叫んでしまいたくなります。
プラウダ高校の頼れる同士ことKV-2はアニメでは一瞬にして出番が終わりましたが、
実車はとてもすごい戦車なのです。
(以下省略。気になる人はググッてください)
※管理人はM4シャーマンの時点で力尽きました。

色々やってて3時に寝てしまったので、睡眠時間はわずか4時間ほど。
すごく眠たいので今日は早めに寝ることにします。

で、以下余談(((


こっちが本題です。

今回もまたまた漫画の記事になります。
プラレの方も進んでますが、紹介するほどの大それた事をして無いので
ネタ切れ対策にも温存しておこうと思います(^^

機巧少女

「機巧少女(マシンドール)は傷つかない」
主人公の赤羽雷真の自動人形(オートマトン)である夜々がヤンデレと、
なかなか凄まじい性格を持っていらっしゃいますw

実は私にしては珍しいバトル系のラノベ原作漫画。
バトル系の漫画はどうも苦手なジャンルなんですが、
この漫画はすごく読みやすいです。何故かは分りませんが(笑)
ちなみに、今年に入ってすぐにアニメ化が発表されました。
また、ようつべ等にラジオCDがUPされてたりしたので
聞いてみたんですが、個人的に面白かったです。アニメ放送が楽しみ(^^

はがない

「僕は友達が少ない」
これはいわずと知れた有名作品ですね。
ちなみに、既刊が7巻まである漫画を買ったのは
この作品が初めてだったりします(笑)

スピンオフの漫画もあるので揃えたいところです。

ばくおん

「ばくおん!!」
某作品と題名がアレすぎますが、ホントに題名だけです。たぶん←
女子高校生×バイクという珍しい組み合わせ。
私にバイクへの興味を向けさせた本です。

この漫画の影響でバイクに乗りたい気持ちがMAXなのです。
乗りたいバイクは左の表紙に写っているホンダCB400SFと、
右の表紙に写っているGSX400Sカタナ。
乗りたい車両が完全に本に毒されています(笑)

げんつき

「げんつき」
更にバイク本です。
こちらは普通自動車免許があれば乗れる原付を題材にした話です。
実在の町を舞台にした構成で、実際に行ってみたい所が増えました(笑)

陸まお

「陸上防衛隊まおちゃん」
日本の観光名所を奪っていくかわいいエイリアンを撃退するため、
特別に結成された特別防衛隊の3人(平均年齢8歳)が奮闘(?)するお話!

危険:主はロリコンである。

2002年にアニメが放送されたゆるすぎて意味不明な漫画です!
ちなみに、2003年に発売された本なのでネットで中古を買いました。
背表紙の日焼けが凄まじかったりBO○K OFFの値札が4重に貼ってあったり
最終的に本1つが25円とかいう値段を付けられたりしてます。
値札が貼ってあるのは嫌なので全部丁寧に剥がしました(^^

ガンダムの原作者である富野由悠季様がいうには、「とんでもないアニメ」。

実際読んでみると分るんですが、本当に内容がとんでもないです。
アニメは某サイトにUPされているので、気になったら調べてみてください。


ということで、今回はこの辺にしておきましょう。
もはやブログ名とは外れに外れまくっている記事を連発してますが、
書きたいこと書くのがブログだからいいんだよ!きっと!(は?

ガンプラも買って積んだままのものがいっぱいなので、
そっちもどうにかしないとダメですね。

ではでは。

スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<どうも最近見かけないと思ったら・・・ | ホーム | 久々にプラレの記事(※前半のみ)と漫画>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |