河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

JR四国7200系

伊予鉄3000系を更新してから少し開いたのは、新しく改造を始めたから。
何ができるかは完成するまでの間、秘密です。
その間に放置して完成するのが遅くなりそうなら公開しますね。

はてさて、ちゅうおうに持ち込んだ2作品目、JR四国の7200系です。

7200系1

こんな感じになりました~。
スカートのグレー以外はすべてスプレー塗装です。

マスキングは面倒でしたが、劣化の早いシールよりも、
塗装の方がしっかりしてるし、塗装するのが大好きなので。

7200系2

先頭車と後尾車で、実車通り貫通幌の有無を再現してみました。
また、それに合わせて渡り板の状態も変えてみたり。

7200系3

先頭車の渡り板の裏側も、こんな風に再現してあります。
スカートは台車に接着したので筆塗りしたんですが、
先頭車はゴテゴテに、後尾車は下地が透けるほど薄塗になり、どっちも失敗。

まぁそんなこともあるさ。

7200系4

なかなか凝ってる後尾車です。
先頭車もですが、ライトパーツ以外はすべてプラ版から製作。
元の顔を取ってそこに貼るだけなので、それほど苦ではないです。

7200系5

貫通幌ですが、幌部分はグレー、車体部分は銀色にちゃんと塗り分けてます。
一見マスキング大変そうに見えますが、実は簡単です。

0.5ミリ幅に切ったマスキングテープを車体色のところに貼っただけ。
グレーは全体の塗装及び帯含めて、最後に塗りました。

ちなみにわかりにくいですがブラックマスクの部分と、帯色上部の
車体がブラックに塗られているところでは色味が少し違うので、
実車に合わせて艶消しブラックと普通のブラックとで塗り分けてます。

写真じゃあんまりよくわかりませんけど。

もちろん帯もスプレー塗装なのでマスキングしました。
車体色から塗るとマスキング面積は多いですけど、楽ですよ。
ちょつとした塗装マスキング簡略化の裏技です。

7200系6

屋根回りです。
ベンチレーターは台座部分が残されて撤去されている感じに見えたので、
それっぽく撤去して、プラ板で穴を埋めました。

パンタグラフはその辺にあった余りを。
多分L特急のパンタグラフです。
我が家ではあまりまくってる良いストック。

こんな感じです。実はマスキング失敗して慌てて塗りなおしたために、
周囲と色味が全然違うくなってしまった部分があります。
この記事にもチラッと写ってますので、簡単なお遊びと思って探してみてね。

製作記はこちらになります。

スポンサーサイト

プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<フレームアームズ・ガール 轟雷 | ホーム | 伊予鉄3000系>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |