5月になりました。
GWの始まりですが、1日と2日は普通に学校があるので、私は通常の5連休です。

さてさて、予定通り今回はプラレールの記事です。
表題の通り、6000系を作っているんですが、
いまのところ2つの会社の6000系を作っています。

京王6000系

まず1つ目は京王6000系です。
一度もブログにアップしたことはないみたいですが、かなり前に密造。

側面がパテで埋められているところとかで、
改造を開始したのが数年前というのがよくわかりますね(^^

実は前面自体も元は窓の大きさが小さかったりと、かなり違っていたんですが、
今の分析力でせっせとやり直した結果、貫通幌の枠と
アンチクライマーしか元の面影が残ってなかったりします(笑)

顔のモールドをほぼすべて作り直したことで、かなりいい感じです。
スカートが大き過ぎたのがちょっと失敗したところ。
顔があまりにも似たので舞い上がって作ったらこんな大きさに(^^;;

早いとこ先頭車も作ってあげたいですね。

南海6000系

で、こちらは南海の6000系を作っているところです。
かなり前から作ろう作ろうと置いていたものをようやく作り始めたところ。

割と別の改造車に種車を持っていかれたりしたので、一部買い足してます(笑)

南海6000系

今日学校から帰ってきてから後尾車だけ顔を取り付けましたよ。
窓枠ギリギリのところから側面に向かって曲面を描いているので、
やすりで削るときにはかなり気を使いました。

プラ棒が上に飛び出ているのには特に意味はありません。
切るのが面倒だった(

南海6000系

顔を作るときに描いたライト周りの絵を置いてみて完成時のイメージを...。
なかなかいい感じではないでしょうか。

6000系は東急の新6000系と合わせて3つ目です。
会社別の好きな電車の形式が一致してるってなかなか面白いなと思ったり。
私鉄通勤型はとっても魅力的ですよね。

さて、ここから安定的に作業が進めれるかどうかの戦いの始まりです(笑)
ではまた次回の更新まで。

スポンサーサイト

続:6000系の製作

鍋谷峠へ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)