前の更新からあんまり立ってないですが、更新します。
というのも、南海のおでこができたので早く公開したかっただけです(笑)

南海6000系

というわけで、水曜日に6時間ぐらい南海6000系を進めてました。
前回からの進展は、おでこ部分の造形を行ったのと、ライト台座の取り付け、
前面コルゲート貼り付け、尾灯兼列車識別灯の取り付けぐらいです。

コルゲート貼りは伊予鉄3000系以来の作業でした(前面だけだけど)
本当はもう少し薄いものが売ってればいいんですが、
この厚みのものが最薄なので妥協点です。

南海6000系

この角度から見るのがお気に入り(笑)
今回の進展ヶ所であるヘッドライト周りの造形がよくわかると思います。

ヘッドライト自体も少しこだわってます。
実車のライトを見ながら、レンズの枠部分とレンズ部分の段差を表現するため、
コトブキヤさんのリベットと丸モールドを使って作ってみました。

その他の点では、ヘッドライト台座の縁取りがうまくいって良かったかなと。

南海6000系

おでこの造形ですが、こんな感じです。

ライト台座の上端と屋根の上端が同じになるように調整するのに
割と時間がかかってしまって、難しい。

丸みは割とうまくいっているので、少しうれしい(笑)
ライト周りの丸みもなんとか造形できたので満足です。

南海6000系

側面の加工も少しだけ進めました。

乗務員扉や客室扉上部が南海6000系は丸まっているので、
それを再現しようとナイフと紙やすりで形状を変更。

ドアそのものの加工をしてないので未だ6300系状態(笑)
窓割り変更もまだなので、ちょっとすぐには2両目に移れなさそうです。

京王6000系

さて、こちらは京王6000系。

前回からあんまり変わってないですが、アンチクライマーを作りなおしました。
また、大きすぎたスカートも一回取り外して上部を数ミリ切って再接着。

穴の形状ももう少しメリハリのある形に調節しましたが、
この画像からでは全くわかりません(^^

現状南海よりも京王の方が加工も少ないので、気楽です。
こっちをメインに進めようかな(笑)

また何かよくわかる加工をそれなりに進めたら更新しますね。

ではまた次回の更新まで。

スポンサーサイト

113系3800番台 完成

6000系の製作

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)