河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

京キト 583系 B編成 きたぐに

いつの間にやら夏っぽさが全開になりましたね。
暑さでやられてぐでぐでなかいなんです。

さてさて、ずいぶん前から改造していた583系ですが、ようやく形になりました。

583系

はい、堂々10両編成の形になりました。

改造途中の記事からすっ飛ばしていきなり完成ですが許してください。
撮影場所がどこかで見たことあるような場所ですが、気にすると負けです。

改造中の記事に書いてある通りの方法しか使っていないので、他の加工は省略。
加工は5両と編成の半分だけですが、10両分の塗装がとてもしんどかった。

エアブラシを買ったのでそれを使って塗装したんですが、めちゃくちゃ楽しいです。
廃車体に文字書いたりして遊んでました(笑)

しんどいのか楽しいのかわからない文章ですが、暑さでやられているんです。
気にしないでください。

583系

後尾車から切り継ぎした中間車ですが、どう埋めようか悩みあぐねっていた
屋根もうまいこと加工できて満足です。

屋根上機器を増設していないので、一部のっぺらぼう過ぎる感じですが、
完成しないよりマシなので私の中ではこれで完成です。

気になる方は自分で種車集めてやってください。

583系

編成のアクセントであるサロ581です。

加工中の記事では旧金型の485系から作っていましたが、
製品に合わせるのが面倒になってきたのと、後尾車が1両手に入ったので、
中間車化して窓割り変更して完成。

旧金型485系から作ってたやつは、狂夜さんに押し付けました。
そのうちシュプールとして完成するらしいので楽しみです。

583系

塗装は既製品の583系を参考に、ほくとくんの指導を受けつつエアブラシで塗装。
無事に調色処女とエアブラシ処女を卒業することに。

製品が実車となんか色分けが違っていたので、
製品っぽさを残しつつ微妙に修正してやりました。

あと、マスキング簡略化のために運転台後ろの塗り分けは実車と異なります。

583系

前面から見るとこんな感じ。

特急シンボルマークが金色ですが、実車は銀色みたいです。
まぁおもちゃっぽいのでこれはこれでありかなと。

ライトシールはほくとくんが製品から綺麗に剥がしたものを貼り付け。
ヘッドマークは剥がすときにノリが車体に付いたままになってしまったので、
諦めて作りなおすことにします。

久々の長大編成で、なんとか形になって本当によかったです。
数十年完成しないと思ってたので、自分としても嬉しいところ。

貴重な種車を提供してくれた雅さんときたよのさん、
作業場所の提供や意見等をくださったほくとくん、
知識や種車、意見をくださり、サロを押し付けられてしまった狂夜さん、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

中間車製作方法→ 583系を長くしたい (2016年09月27日の記事)

スポンサーサイト

プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<金サワ 485系 Y編成(Y0番台)しらさぎ 青鷺色 | ホーム | 113系3800番台 完成>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |