河内住人の趣味日記

河内長野市の山奥から日常をお届けしています。

京キト 583系 B編成 きたぐに

いつの間にやら夏っぽさが全開になりましたね。
暑さでやられてぐでぐでなかいなんです。

さてさて、ずいぶん前から改造していた583系ですが、ようやく形になりました。

583系

はい、堂々10両編成の形になりました。

改造途中の記事からすっ飛ばしていきなり完成ですが許してください。
撮影場所がどこかで見たことあるような場所ですが、気にすると負けです。

改造中の記事に書いてある通りの方法しか使っていないので、他の加工は省略。
加工は5両と編成の半分だけですが、10両分の塗装がとてもしんどかった。

エアブラシを買ったのでそれを使って塗装したんですが、めちゃくちゃ楽しいです。
廃車体に文字書いたりして遊んでました(笑)

しんどいのか楽しいのかわからない文章ですが、暑さでやられているんです。
気にしないでください。

583系

後尾車から切り継ぎした中間車ですが、どう埋めようか悩みあぐねっていた
屋根もうまいこと加工できて満足です。

屋根上機器を増設していないので、一部のっぺらぼう過ぎる感じですが、
完成しないよりマシなので私の中ではこれで完成です。

気になる方は自分で種車集めてやってください。

583系

編成のアクセントであるサロ581です。

加工中の記事では旧金型の485系から作っていましたが、
製品に合わせるのが面倒になってきたのと、後尾車が1両手に入ったので、
中間車化して窓割り変更して完成。

旧金型485系から作ってたやつは、狂夜さんに押し付けました。
そのうちシュプールとして完成するらしいので楽しみです。

583系

塗装は既製品の583系を参考に、ほくとくんの指導を受けつつエアブラシで塗装。
無事に調色処女とエアブラシ処女を卒業することに。

製品が実車となんか色分けが違っていたので、
製品っぽさを残しつつ微妙に修正してやりました。

あと、マスキング簡略化のために運転台後ろの塗り分けは実車と異なります。

583系

前面から見るとこんな感じ。

特急シンボルマークが金色ですが、実車は銀色みたいです。
まぁおもちゃっぽいのでこれはこれでありかなと。

ライトシールはほくとくんが製品から綺麗に剥がしたものを貼り付け。
ヘッドマークは剥がすときにノリが車体に付いたままになってしまったので、
諦めて作りなおすことにします。

久々の長大編成で、なんとか形になって本当によかったです。
数十年完成しないと思ってたので、自分としても嬉しいところ。

貴重な種車を提供してくれた雅さんときたよのさん、
作業場所の提供や意見等をくださったほくとくん、
知識や種車、意見をくださり、サロを押し付けられてしまった狂夜さん、
本当にありがとうございましたm(_ _)m

中間車製作方法→ 583系を長くしたい (2016年09月27日の記事)


プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |

113系3800番台 完成

さて、皆さま覚えていますでしょうか。
7年も前に手を付けた私の改造車両こと、113系3800番台。
コチラの記事にちょろっと出ているぐらいで、後はずっと放置状態(^^;;

PICT0301_convert_20100224190753_20170609163231def.jpg

7年前のお姿
この時はきちっと補強板もあったんですが、どこかに紛失してしまいました。

そんなサンパチ君ですが、7年の時を超えてようやく完成!

DBfLHafUwAAgkUv.jpg

DBfLHahVYAAAU-b.jpg

とってもきれいに塗装されております!

詳細は別の記事にまとめておりますので、そちらを参照ください↓↓↓

詳細記事


プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |

続:6000系の製作

前の更新からあんまり立ってないですが、更新します。
というのも、南海のおでこができたので早く公開したかっただけです(笑)

南海6000系

というわけで、水曜日に6時間ぐらい南海6000系を進めてました。
前回からの進展は、おでこ部分の造形を行ったのと、ライト台座の取り付け、
前面コルゲート貼り付け、尾灯兼列車識別灯の取り付けぐらいです。

コルゲート貼りは伊予鉄3000系以来の作業でした(前面だけだけど)
本当はもう少し薄いものが売ってればいいんですが、
この厚みのものが最薄なので妥協点です。

南海6000系

この角度から見るのがお気に入り(笑)
今回の進展ヶ所であるヘッドライト周りの造形がよくわかると思います。

ヘッドライト自体も少しこだわってます。
実車のライトを見ながら、レンズの枠部分とレンズ部分の段差を表現するため、
コトブキヤさんのリベットと丸モールドを使って作ってみました。

その他の点では、ヘッドライト台座の縁取りがうまくいって良かったかなと。

南海6000系

おでこの造形ですが、こんな感じです。

ライト台座の上端と屋根の上端が同じになるように調整するのに
割と時間がかかってしまって、難しい。

丸みは割とうまくいっているので、少しうれしい(笑)
ライト周りの丸みもなんとか造形できたので満足です。

南海6000系

側面の加工も少しだけ進めました。

乗務員扉や客室扉上部が南海6000系は丸まっているので、
それを再現しようとナイフと紙やすりで形状を変更。

ドアそのものの加工をしてないので未だ6300系状態(笑)
窓割り変更もまだなので、ちょっとすぐには2両目に移れなさそうです。

京王6000系

さて、こちらは京王6000系。

前回からあんまり変わってないですが、アンチクライマーを作りなおしました。
また、大きすぎたスカートも一回取り外して上部を数ミリ切って再接着。

穴の形状ももう少しメリハリのある形に調節しましたが、
この画像からでは全くわかりません(^^

現状南海よりも京王の方が加工も少ないので、気楽です。
こっちをメインに進めようかな(笑)

また何かよくわかる加工をそれなりに進めたら更新しますね。

ではまた次回の更新まで。


プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |

6000系の製作

5月になりました。
GWの始まりですが、1日と2日は普通に学校があるので、私は通常の5連休です。

さてさて、予定通り今回はプラレールの記事です。
表題の通り、6000系を作っているんですが、
いまのところ2つの会社の6000系を作っています。

京王6000系

まず1つ目は京王6000系です。
一度もブログにアップしたことはないみたいですが、かなり前に密造。

側面がパテで埋められているところとかで、
改造を開始したのが数年前というのがよくわかりますね(^^

実は前面自体も元は窓の大きさが小さかったりと、かなり違っていたんですが、
今の分析力でせっせとやり直した結果、貫通幌の枠と
アンチクライマーしか元の面影が残ってなかったりします(笑)

顔のモールドをほぼすべて作り直したことで、かなりいい感じです。
スカートが大き過ぎたのがちょっと失敗したところ。
顔があまりにも似たので舞い上がって作ったらこんな大きさに(^^;;

早いとこ先頭車も作ってあげたいですね。

南海6000系

で、こちらは南海の6000系を作っているところです。
かなり前から作ろう作ろうと置いていたものをようやく作り始めたところ。

割と別の改造車に種車を持っていかれたりしたので、一部買い足してます(笑)

南海6000系

今日学校から帰ってきてから後尾車だけ顔を取り付けましたよ。
窓枠ギリギリのところから側面に向かって曲面を描いているので、
やすりで削るときにはかなり気を使いました。

プラ棒が上に飛び出ているのには特に意味はありません。
切るのが面倒だった(

南海6000系

顔を作るときに描いたライト周りの絵を置いてみて完成時のイメージを...。
なかなかいい感じではないでしょうか。

6000系は東急の新6000系と合わせて3つ目です。
会社別の好きな電車の形式が一致してるってなかなか面白いなと思ったり。
私鉄通勤型はとっても魅力的ですよね。

さて、ここから安定的に作業が進めれるかどうかの戦いの始まりです(笑)
ではまた次回の更新まで。


プラレール | コメント:0 | トラックバック:0 |

鍋谷峠へ

なんやかんやで新年度が始まりました。

生活が大きく変貌する方も多いと思います。頑張ってください。
私は卒業してまた入学したので全然変わりませんが(

さて、3月29日に鍋谷峠に行ってきました。
ここは国道480号線に指定されていて、狭路、急カーブ、急勾配の続く
所謂酷道と呼ばれる類の道でした。

そんな国道480号線鍋谷峠に、4月1日新たに鍋谷トンネルが開通、合わせて
鍋谷峠をバイパスする新しい道が開通し、そちらも国道指定を受けることに。

トンネル開通前の鍋谷峠を走ったのはもう3年ぐらい前だったなぁと思い、
3月28日にもう一度走っておこうと考え、29日に行ってきました。

480

3月末はかなり寒かったですが、前日は晴れ、
この日は気温も上がり、凍結の心配もなく峠に来れました。

この情報量の多すぎるごちゃごちゃ具合がたまりません。

480

また一つ、酷道を象徴する峠がバイパスされていくことに。
開通で道路事情は改善されていきますから、喜ばしいことです。

480

和歌山県の看板を吊るしている支柱につけられた、
峠地点を表記する木製看板の裏にはR480のおにぎり。

480

和歌山県側に下って、バイパス道との合流地点手前あたり。

この付近はいったん南に下がってから少し北の合流地点に向かうため、
山腹を走るR480のガードレールと、これから進む現道(撮影当時)、
開通前(撮影当時)だったバイパスの鍋谷トンネルを同時に見れます。

これが一番たまらない構図です。

480

開通前のバイパス。
出来たてほやほやの鍋谷トンネル、すごく綺麗です。
周りが白いのでウェディングドレスを着ているかのよう。

新道がウェディングドレスを来た新婦なら、旧道となった撮影時の現道は、まさに
荒々しい容姿ながらも、交差地点ではおしゃれなタキシードを着た新郎そのものです。

その新婦さんは自動車専用トンネルとなっており、
原付・軽車両・人は今まで通り旧道を歩いてくださいといわれます。

なので、旧道となった撮影時の現道も、国道480号線の指定からは外れていないようで。

鍋谷トンネル開通後のR480はまだ走っていないので、そのうち走りに行きたいですが、
トンネルで全部駆け抜けているだけなのですごく退屈してしまいそう(

こんなことがありましたが、これももう2週間以上も前の出来事なのかぁ。
本当はもっと早く書く予定の記事だったんですよ、コレ...(^^;
毎週の生活内容が濃くて4月は退屈しません。

プラレールの改造も、Twitterの方で最近よくアップしています。
来月初めに記事ができるぐらいには改造を進めたいところですね。

ではまた次回の更新まで。


日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

3月の出来事まとめ

お久しぶりです。
今月もまた月一更新の季節がやってきました。

割と今月は出かけることが多かったかな?

3/5

3月4日と5日に、ツバサエイが来阪したので、暇な関西勢で歓迎しました。
4日は晩御飯を食べただけですが、5日は京都鉄道博物館へ。

ゴハチのためだけに来たような感じが否めない(

3/5

なかなか人がいなくなるタイミングがなかったですが、一瞬の隙を狙って撮影。
485系は200番台とか300番台を残してほしかったかな~なんて。

まぁこれはクハ489-1なので485系は展示されてないんですが(

3/5

京都鉄博を観終わったら、嵯峨野トロッコに乗りました。
地味に初めて乗ったので、景色も新鮮で楽しかったです。

一時有名になったあの踏切も通過しました。

お遍路

3月8日から12日にかけては、第2回四国八十八ヶ所お遍路の旅を。
今回は私、山田弘、ししゃもねこのメンバーに加え、ほくと君を連れていきました。

また、松山ではみきゃんの抱き枕みたいなぬいぐるみが増え、
ほくと君もミニオンのぬいぐるみを持って来たりして、
後から考えるとわけのわからないカオスメンバーとなりました。

お遍路

今回は去年のようなかなりの急ぎ遍路ではなく、少しゆったりとした遍路に。
ここは横浪黒潮ラインの帷子崎展望台です。

グーグルマップでみてて、一回走ってみたかったんですよ。

お遍路

去年とは違い、いろりやさんの前を夕方に
走ることが分かっていたので、うどん食べてきました。

ようやく去年の雪辱を1つはらしたことに。

お遍路

松山に15時半頃に到着し、観光した翌日、しまなみ方面に向かっている写真です。
去年もここは晴れていましたが、運転していたので写真は撮れませんでした。

今回も運転していたのですが、ほくと君に頼んで撮影してもらいました。
人数が増えるとこういうことをお願いできていいですね。

まぁ去年も山田弘にお願いしたら撮ってくれたと思いますが、
初めてみる景色だったのでその発想が出てこなかった(

お遍路

途中、伊予西条の博物館に寄ってきました。
FGTとN-ONEのツーショットです。

お遍路

ほんでまぁ、博物館で遊んでたら大幅に時間をロスし、予定より1時間遅れの行動に。
巡る予定だった寺を放置してホテルに入った後、高松駅の見学に。

お遍路

運よくキハ40と遭遇。

翌日、結局2時間ぐらい予定が遅れて、夕焼けの瀬戸大橋を走って本州に戻るはずが、
既に日没で真っ暗になってたり、やっぱり一部うどん屋が巡れなかったりしたので、
そのうちリベンジしにまた四国行かなくてはいけませんね。

走行会

3月の19日は名阪スポーツランドにお邪魔しました。
この日の出来事はハジケレポート!が詳しいのでそちらでどうぞ。

ちなみに私事ですが、今月18日は大学の卒業式でした。
つい最近入学したばかりのような感じですが、あっという間でした。

来年度からも、趣味ともども頑張ります。

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>