いつのまにかあけましておめでとうございますの時期が過ぎてしまいました。
毎日が寒くてさむさむ。

さて、新年一発目の改造(?)作品です。

10105

東京メトロ10000系を買ってきて、せっせと方向幕を作って貼り付け。
5社直通の速達列車、Fライナーにしました。

一応モチーフは10105Fです。
なので方向幕や種別は全部フルカラーLEDのものを作りました。
先頭形状が曲面なので、見る場所によって方向幕とかが不自然になります。

10105-2

側面の方向幕にもデカール貼ってます。

中間車のこちら側は種別と行先表示を、
反対側(最初の画像に写ってるデカール)は
「東急東横線直通 東横線内F特急」を表示してます。

そういえば今売ってる10000系って、側面の黄色帯上下とも再現されてないんですね。
このことに気が付いたのがシール作ってからだったので、少し残念。
気が付いていたらデカールで黄色帯作って貼れたんですが。

まぁそんなこんなで10000系Fライナー暫定的に完成です。
黄色帯はそのうち...。

うぅん、早いものでもう12月の31日になってしまいました。

紅白歌合戦とガキ使を同時に見ながら(というか聞き流しながら?)
ブログの記事を書いている途中です。

さて、2016年最後の更新は、27日に山田弘とほくとくんと3人で
神戸の方にちょっと出かけたときの記事です。

27日

神戸駅に着いたのが、予定では11時半だったのがかなり遅れて13時。
ロータリーで山田弘を拾ってさっそくお昼ご飯に向かいました。

写真はお昼ご飯のつけ麺です。山田弘おすすめのお店らしい。
おいしかったです。近くに回転したらしょっちゅう通いそう。

27日

お昼ご飯食べたら車移動です。
近くに川崎重工の工場があるのでせっかくならと、0系と151系を見に行きました。

ちなみに山田弘にナビを任せて言うとおりに運転したら、
川崎重工の神戸工場に連れていかされました。

0系と151系があるのは兵庫工場ですので皆さまお間違いなく...。

27日

車を神戸ポートタワーの近くの駐車場に止め、近付いていきます。
実は近くまで来るのは初めてだったりします。

27日

ということで、神戸ポートタワーを素通りしてカワサキワールドへ。

川崎重工の歴史や展示品などを見たりしましたが、ボートレースの
筐体ゲームで遊んでいる山田弘を見ているのが一番楽しかったです。

27日

で、ここにしか展示されてないらしいウエストひかり。
運転席とか客席に入ることができます。

てな感じでカワサキワールドを堪能した3人は、車で混雑する阪神高速を走って
難波周辺のサイゼで晩御飯を食べながら談笑し、それぞれ帰路につきました。

今年最後のミニ観光です。

さて、2016年の記事更新はこれで最後になります。
それと、この際なのでカテゴリの方を少し整理しました。

「戦車模型」および「艦船模型」は「模型」カテゴリに統一し、
しばらく更新してないプラレール改造のカテゴリはすべて「プラレール」に統一しました。

記事をカテゴリですぐ発見できなくなりますが、ご了承ください。
改造車両ページからの記載は消していないので、ブログ内検索との併用をお願いします。

そんなこんなで、来年2017年もよろしくお願いしますね。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

どもども、久々に1か月以上ブログを放置しました。

この放置してる間にやってたことをば

CIMG1191_mini.jpg

一生懸命こんなものを作ってました。

レーティッシュ鉄道の、ベルニナ急行という列車の、客車をけん引する電車だそうです。
実車は電車なので、もちろん乗客が乗ることもできます。

正直なところ、あんまり詳しくは知らないので解説なんかはできませんが、
とりあえず今こんな状態にまで進みました。

おおよその予測でプラ板を切りだしたりしたので、顔が予想よりも縦長になってしまって、
あんまりそれっぽくないと気がついてやる気を失い、3週間ほど放置してます...。

CIMG1189_mini.jpg

E233系を種車にしてこんな感じで側面を入れ替えてます。
この辺まではやる気がめっちゃありました。

とってもやる気がなくなっているので、客車まで手が回りそうにないです。
おとなしく583系進める方がよかったかも?

9月も半ばすぎて、大学の後期が始まってしまいました。
頑張ります。

大学が始まってもモチベーションは高くて、プラレ改造が進みます。
最近は記事タイトルの通り、583系の長編成化を目指して改造中。

そのためにも、雅さんのブログをちょくちょく見に行くことが多くなりました。
(セントラルステーション自体のページはなくなりましたが、ブログは残ってます)

旧客かぁ。旧客なぁ。
と思いながら旧客と583系とにらめっこ。

ようやく種車の悩みも解消していざ刃を入れました。

583系 1

昭島で行われたプラレールスクエアに参加させてもらったとき、
雅さんが偶然にも状態の悪いプラレールの日限定の583系を持ってきていたので
それを譲ってもらい、手元にあったきたぐにの先頭後尾を含めて改造開始です。

両端を先頭車にすれば、クハネ+モハネ+モハネ+サロネ+クハネの
5両編成ができるので、後尾車2両を中間車に改造することにしました。

583系 2

とりあえず1枚目の写真の切断方法で
中間車サイズにできることが分かったので、この方法で生産していきます。

モハネ583とサロネ581の外見上の再現できる違いは乗務員室の有無ですが、
窓埋めなんかはまだやってないので今は後回し。

583系 3

とりあえず、行方不明になると大問題なのでプラ板で帯モールドの
足りない部分を作り、接着しました。

帯モールドは0.3ミリプラ板を2枚重ねて0.6ミリにすると丁度いい感じです。

583系 6

で、中間車を作ってTwitterにアップしたらまさかまさかの援軍が。
狂夜さんから後尾車と中間車を1両ずつ貸し付けてもらいました。

貸付なのでそのうちどこかで後尾車と中間車を見つけて
返品しないといけませんが、これでモハユニットがもう1つ作れることになり、
怪しげな中間車が3両、正規の中間車2両で7連が組めることに。

さらにさらに写真の一番奥の怪しい車両ですが...。

583系 4

旧金型の485系からサロ581を製作中。
ほくとハウス改造会でいい感じに進みました。
(改造会の詳細は『ハジケレポート!』にほくと君がまとめてくださってます)

中間車がたりないのでこんな風に増備しましたが、実車は寝台車じゃないので
小窓のモールドが元々ない485系からでも十分作れそうです。

ただし、旧金型の似たもの同士と言えど、
帯モールドや窓の大きさに若干の差異がありました。

なので、帯モールドを全部削って窓の下辺を1ミリほど上に移動、
なおかつサロ581はモハネ583と比べて窓の上辺の高さが少し高いので
上に2ミリ拡大し、2ミリプラ棒で窓割りを変更しました。

窓割り変更後に0.3ミリプラ板を帯モールドとして2枚重ねに貼り付け。
窓を開けてから貼り付ける関係で、1枚ずつ貼って窓を開けてという感じで進行。

583系 5

ドアモールドは0.3ミリプラ板から製作。
製品とは少し違う感じになりましたが、まぁ気にならない程度です。

それより帯モールドの位置が若干上側になってるのが気になります。
もうどうにもできないけど。

とりあえず583系はいろんな方の協力で8連が組めるように製作中。
あとモハが1ユニットあれば通常時のきたぐにが作れますし、
さらに1ユニット製作すれば繁忙期の12連も夢ではない...のかも。

う~ん、種車集めが課題だ...w

Twitterで何度か公開してましたが、第11回のちゅうおうから少し経った日に、
かねてから作ってみたかった東急の車両の製作に入りました。

そもそも個人的にですが東急の車両が好きなのです。
自分の中では関西は南海、関東なら東急という感じの2強が出来上がってます。

東急6000系1

とりあえず東急の車両作るのは初めてなので、一発目はカッコいいの作りたいと。
そんなわけで初めて見た時からカッコいいと思ってた東急6000系を作ってみました。

実は作る前に参考がてらネットの海をさまよってたんですが、
意外と東急の電車をプラレールで作ってる人をあまり見かけません。

ましてや東急6000系をプラレールで作ってる人なんて見つけれなかったわけで...。
プラレールにするとどんな感じなのかなーと思って自分で作ることにしました。

8000系や8500系もカッコいいですが、それぞれ東横線、田園都市線のイメージが強くて
8両とか10両も作ってると面倒くさくなって放置しそうだったので、
そういったところでも手ごろで丁度いい感じの6000系に決定。

ちなみに実車は見たことないです(

机の上とか手軽な場所に6両もまっすぐにおける場所が無かったので廊下。
次の写真からはいつもの作業机の上に戻ります。

ここから簡単な製作記とかちょこちょこっと。
続きを読む

結構前に購入してたんですけどね。

フレームアームズ・ガールの轟雷ちゃんです。
メカ×少女という組み合わせ、めちゃくちゃいいですよね。

MS少女なんかも結構いいなと思いますけど、
こちらはなんと組み立てキットです。

FA:G轟雷4

ようやく積みから救出されて組み立てはじめ。
なんだか背景ごちゃごちゃしてますけど気にしないでください。

ちなみに、フレームアームズというのはコトブキヤさんの展開する
オリジナルメカシリーズで、フレームアームズ・ガールは
その中に登場する機体を美少女化したものだそうで。

FA:G轟雷1

ガンプラ以外の接着剤不要なプラモデルを組み立てるのは
フジミ模型さんの艦NEXT大和以来です。

とりあえず今回はデカールも貼らない素組でサクサクっと組み立てます。

FA:G轟雷2

フレームアームズ・ガールの特徴といったら、なんといってもこれです!
おぱんつ!おぱんつの組み立てプラモデル!

本格的なおぱんつのプラモデルなんかこれが初めてなんじゃないか...。

FA:G轟雷3

デカールで柄が選べます。好きな柄のおぱんつ履いてもらえます!

色味は外装と合わせたものが入っていて、轟雷ちゃんの場合は
オリーブドラブに近い色合いのものが。
同じシリーズのスティレットちゃんには青の柄が入ってます。

今回はなにも貼らないので純白清純派おぱんつです。

FA:G轟雷5

というわけで組み立て終わりました。

足の可動範囲の都合でスカートが短いために、真上以外は
大体の角度でおぱんつが見えてしまいます。
もしかしたらズボンかもしれないけど。

にしても、最初から瞳の印刷が入っているのは本当にありがたいです。
瞳のデカール貼るのは結構難しいので本当に。

最近はこんなものも作ってます。
いや、ようやく欲しいものが製品で出たというべきか...。

メカ×少女はかなりいいものですよ。
皆さんも是非。